漫画のネタバレや最新刊・最新話を無料で読む方法を紹介。電子書籍・コミックのサイトやサービス、アプリのおすすめも。

漫画ラテ

漫画ネタバレ

私の顔にさようなら|ネタバレ14話!遠田の過去を知り逃亡中の梓巳は東京へ…

まんが王国で先行配信中、函岬誉先生の漫画「私の顔にさようなら」(わたしのかおにさようなら)14話(単話版)のネタバレと感想を紹介します。

わかくさ園で遠田から梓巳は母子家庭だと出生記録を見せられるも、梓巳と梓紗は自分の隣町に住んでいたと沼田に言われ不思議に思う央々。

梓巳を拒絶してしまい傷つけてしまったことを謝ろうと思っていると、沼田が死んだと連絡が入ります。

>>前話「私の顔にさようなら」13話ネタバレはこちら

以下、ネタバレ内容を含みます。

 

漫画の絵もちゃんと楽しみたい!という時は無料でじっくりと試し読みができるので、漫画の方もぜひ読んでみてください。

まんが王国で無料で読む

▲会員登録で1〜2巻が無料!▲

まんが王国は会員登録は無料です!2冊分まるまる無料で読めるのは太っ腹ですよね♪最新話含む各話の無料試し読みもできますよ

他にも、私の顔にさようならを無料で読む方法をまとめています。併せてご覧ください。


私の顔にさようなら14話ネタバレ

沼田が死んだと言う連絡を聞いて倒れてしまった央々。

尾形は倒れている央々を見つけるとソファに寝かせました。

するとその際に、央々の右耳の後ろにホクロが3つあるのを発見します。

このホクロ…と思い出したのは、「結花」という女性からもらったハガキにうつっていた赤ちゃんの姿。

結花からのハガキには、双子が誕生したことやホクロの位置も父親に似ているということが書かれていました。

 

まさか央々は結花の子なのだろうか。

そう思うと尾形は央々の名刺を取り出します。

「芦辺」という名字に驚くと、央々のカバンも漁り始めました。

手帳から出てきた、央々と央々の父親が並んでいる写真を見た尾形は驚きます。

いったいこの子は誰なのか…

尾形は急に部屋の引き出しを開け始め、USBを取り出しました。

 

まるで焦ったような、不気味な笑いをしている尾形。

すると央々が起きてきました。

央々は沼田が死んだという連絡を受け、今日はこれで帰ると言います。

尾形は快く央々の申し出を引き受けると、「もしかしたら私の方から連絡を差し上げるかもしれません」と不敵な笑いを央々に向けます。

 

尾形は央々が帰ってからUSBに入った画像を見ています。

そこには、一人の女性が倒れていて、その女性を二人の男性が抱えていました。

尾形はその画像を見てふふふとずっと笑っていました。

 

東京に向かった央々は沼田の葬儀に参列します。

沼田は調べ物を終えた後編集部には戻ると連絡を入れたものの、その直後にビルから飛び降りたと聞きます。

自殺だなんて考えられない、そう思いながら沼田が調べていたものは梓巳たちのことだと考える央々。

すると葬儀に参列している男性が、沼田はとても自殺するような感じではなかったと話しているのを聞いてしまいます。

 

沼田が死んだ夜に一緒に飲んでいた、という男性。

自殺する感じではなかったけれどおかしなことを言っていたのが気になるといいます。

「最近誰かにつけられている感じがする」

沼田がそう言っていたことを警察に話すも、検視の結果で自殺と決定しているから相手にしてもらえなかったというのでした。

央々は思わずその男性たちに話しかけてしまいました。

すると沼田は個人的に調べ物をしていたらしいが、それから誰かに付け狙われているようだったと聞きます。

「これ以上関わると命はない」自分への脅迫状を思い出します。

沼田が死んだのは自分のせいだと央々は自分を責めるのでした。

 

一方、わかくさ園にいる梓巳。

央々に拒否されたことを思い出します。

すると遠田が、央々はひどい娘だと梓巳に言い出しました。

遠田はまるで央々が梓巳を嫌がり、注意するように言われたと言わんばかりの様子です。

所詮お前は周りから受け入れられない人生なのだと遠田は梓巳を責めるのでした。

 

梓巳が外の掃除をしていると、梓巳宛に郵便を受け取ります。

差出人は「N」。

不思議に思った梓巳は遠田に郵便物を渡さず後で一人で読んでみました。

すると央々の名刺と手紙が入っていました。

央々は遠田の出生記録がデタラメだったことと、デタラメの出生記録を信じて梓巳にひどい態度をとってしまったことを謝罪する内容を書いていました。

梓巳たちのことを調べてくれていた会社の同僚、沼田からの連絡で少しわかったことがあった、でも沼田は死んでしまった。今は悲しみで何も考えられないから名刺を入れておくという央々。

梓巳は今まで自分の出生記録なんて気にしていませんでしたが、央々からの手紙で調べてみることにしました。

 

出生記録の内容を確認した梓巳。

夜遅くに遠田の家を訪れると、これはどういうことかと出生記録について尋ね始めました。

桐ヶ谷には見捨てられたのだから梓巳の出生がデタラメでもどうでもいいだろうと言う遠田ですが、梓巳にとっては自分の家族が母娘無理心中と書かれていたことを気にしていたようです。

自分や桐ヶ谷に恨みでもあるのかと遠田につっかかる梓巳。

するとそんなにその出生が気に入らないのかと遠田は梓巳を蹴り飛ばしました。

 

遠田は自分の母親が家に火をつけた後に自殺をしたと言います。

そして自分は母親を置いて煮えることもできなかったと自分の過去を話し始めました。

桐ヶ谷の下請けである縫製工場を営んでいた遠田。

しかし桐ヶ谷の発注ミスで莫大な損害が出てしまったと言います。

さらに桐ヶ谷は自分たちのミスを隠蔽して責任のすべてを遠田の母親になすりつけたと続けます。

そのおかげで母親の工場は信用を失い、借金だけが膨らんでいき母親には絶望しかなかったのだ、と遠田は声をあげ、自分の腕を隠していたストールを取りました。

 

遠田の両腕には梓巳の顔にある火傷と同じぐらい重度の火傷痕が残っていました。

 

母親を失い、両腕に火傷ができてしまったのは桐ヶ谷のせいだと言う遠田。

いつしか桐ヶ谷に復讐をしようと思いながら桐ヶ谷家に家政婦として乗り込んだ遠田は、「ある人」と出会えて梓巳を引き取ることができたと笑います。

梓巳を引き取り大金を手に入れ、さらに憎い桐ヶ谷の血族である梓巳をいたぶることもできてこんなに充実した事はない、さらに梓巳の顔には自分と同じ火傷があり化け物になっている。こんなに滑稽なことはないと笑う遠田を見て、梓巳は震えが止まりません。

 

遠田はもし出生記録のことで梓巳が騒いだところで両親の事故と同じようにもみ消されてしまうのがオチだと言います。

自分の両親の何を知っているのかと遠田に掴みかかる梓巳。

すると遠田はよろけてしまい、後ろにある大きな壺に頭を強くうってしまいました。

 

ガシャンという大きな音が鳴り響き、壺の中からは大量の札束が落ちてきます。

遠田はそのまま倒れて動かなくなってしまいました。

死んでいるようです。

うそ…と後ずさりする梓巳ですが、壺に入っていた札束を手に取ると、この大金は自分を世間に出さないようにするために桐ヶ谷が遠田に払ったお金なのだろうかと考えます。

 

怒りに満ちた表情で札束を握りしめる梓巳。

梓巳は荷物をまとめてわかくさ園を飛び出します。

 

遠田をころしてしまった以上、自分は犯罪者。

この先どうすればいいだろうかと悩みながら、央々の名刺を思い出しました。

何かあったら連絡をしてと言っていた央々。

 

梓巳は品川駅まできていました。

マスクに眼帯で火傷を隠していた梓巳の姿を見て、通りすがる人たちはヒソヒソと笑います。

梓巳はフードを被り周りに見られないようにしました。

すると街頭ビジョンでは遠田が死体で発見されたというニュースが放送されています。

自分にも捜査の手が伸びていることを知った梓巳。隠れるように街中を歩きました。

 

夜になると雨が降ってきてしまい、梓巳はビルの隙間でしゃがみ込んでしまいます。

もう逃げられない。

どうしてこんなことになってしまったのかと自分の家族を思い出す梓巳。

 

すると「捜しましたよ」と一人の男性が梓巳に声をかけます。

その男性は整形外科医の桐生伊織でした。

 

>>私の顔にさようなら15話ネタバレに続く

私の顔にさようならを無料で読む方法

まんが王国では「私の顔にさようなら」が先行配信されているので最新話を読みたい時はオススメです。

まんが王国で私の顔にさようならを無料で読む

まんが王国では単話版の1〜2巻が無料で読めます。

しかし無料で3巻以降の単話版をもっと読みたい場合は動画配信サービスを利用してもらえるポイントを使うとタダで読めてしまいます。

music.jp30日お試し無料登録時に600円分のポイントがもらえる。ポイントを使えば今すぐ「私の顔にさようなら」単話版を無料で読むことができる。
FODプレミアム1ヶ月の無料期間中に最大1300円分のポイントがもらえる。ポイントを使えば「私の顔にさようなら」単話版が無料で読める

サービス名をクリックするとすぐに公式サイトへつながります。

無料でたくさん読みたい場合はぜひお試しください。

私の顔にさようなら14話感想

少しずつわかってきたような、わからないような…という感じですが、遠田の言っていた「ある人」が誰かが気になりますね。

梓巳を世に出さないために、遠田に大金を支払っていたわけです。それは梓巳の親である桐ヶ谷の命令でだったのか、梓巳を桐ヶ谷に会わせたくなかった「ある人」の考えなのか…

さらに尾形も央々に関わる人間と関係があったようです。

遠田も驚いていましたが「芦辺」という名字に何かあるみたいですね。央々の父親は何を隠しているのでしょうか。

そして最後に登場したのは桐生でした。

桐生は美冬の顔をいじった整形外科医でもありましたが、今度は梓巳の顔を変えるのでしょうか?

遠田をころしてしまったせいで身動きが取れなくなってしまった梓巳を救うのは、桐生なのかもしれませんね。

まとめ

「私の顔にさようなら」14話(単話版)のネタバレと感想について紹介しました。

シーズン1よりもミステリー要素が強いかな?と感じます。まるでドラマを見ているみたい!

 

ぜひ、漫画の方もお楽しみください!

まんが王国で無料で読む

↑無料会員登録で2巻まで無料

3巻以降を無料で読む場合はこちらをお試しください。

music.jpで私の顔にさようならを無料で読む

↑600円分のポイントでタダ読み可

FODで私の顔にさようならを無料で読む

↑無料期間中に最大1300円分のポイントでタダ読み可

あなたの感想もぜひコメント欄にお願いいたします!

また、あなたのオススメ漫画や「このマンガのネタバレが知りたい!」という作品がありましたらリクエストをどうぞ♪

-漫画ネタバレ

Copyright© 漫画ラテ , 2019 All Rights Reserved.