漫画のネタバレや最新刊・最新話を無料で読む方法を紹介。電子書籍・コミックのサイトやサービス、アプリのおすすめも。

漫画ラテ

漫画ネタバレ

私の顔にさようなら|ネタバレ13巻(単話)!梓巳を知る沼田が殺される?

まんが王国で先行配信中、函岬誉先生の漫画「私の顔にさようなら」(わたしのかおにさようなら)13話(単話版)のネタバレと感想を紹介します。

梓巳と仲良くなり、梓巳の妹である梓紗を一緒に探そうと提案した央々。しかしその後、央々の自宅には怪文書が届きますが…

>>前話「私の顔にさようなら」12話ネタバレはこちら

以下、ネタバレ内容を含みます。

 

漫画の絵もちゃんと楽しみたい!という時は無料でじっくりと試し読みができるので、漫画の方もぜひ読んでみてください。

まんが王国で無料で読む

▲会員登録で1〜2巻が無料!▲

まんが王国は会員登録は無料です!2冊分まるまる無料で読めるのは太っ腹ですよね♪最新話含む各話の無料試し読みもできますよ


私の顔にさようなら13話ネタバレ

幸せに暮らしてきた人に苦しみしかなかった私の気持ちがわかるはずがない!

 

夢の中で梓巳に首を締められる央々。

びっくりして飛び起きると、怪文書を眺めます。

一体誰がこんなことを…

 

妹を探そうと自ら梓巳に提案した央々は、ネットで桐ヶ谷一族について調べ始めました。

しかし桐ヶ谷コンチェルンを調べても、梓巳の両親である満と結花の名前がどこにもありません。

「火事になった住まいはS区と言ってたわよね…」

央々はS区で起きた火事についても調べ始めました。

しかし火事のニュースはどこにもありませんでした。

梓巳たちの情報が何も出てこないことに、不思議に思う央々。

すると央々の先輩である沼田から電話がかかってきました。

 

怪文書が届いたことを沼田に伝えると同時に、梓巳が話してくれたことを調べても何も出てこないのだと沼田に話す央々。

すると梓巳が住んでいたS区の火事について思い当たることがあると沼田は言うのでした。

どんなに調べてもネット上には出てこない梓巳たちの情報。

もしかしたら隠蔽されたのではないか、桐ヶ谷コンチェルンほど大規模な組織であればそれも簡単なことなのかもしれないと央々は思い始めます。

 

梓巳の養護施設を尋ねれば何かがわかるかもしれない。

そう思った央々はわかくさ園に出向きました。

 

央々を迎え入れる遠田和子。

遠田は梓巳に暴力を振っている施設長。央々は少し不安になりながらも梓巳のことについて話を聞くのでした。

遠田の話では、梓巳は母子家庭の一人娘。

借金をしていた母親が梓巳を巻き込んで焼身心中し、その時に顔の火傷ができたのだと言います。

涙を流しながら話す遠田。

遠田は「あの子…気に入った人に決まって嘘をつくんです」と言い出します。

 

自分は桐ヶ谷コンチェルンの血族だとか

火事の事故で両親を失ったとか

双子の片割れがいるだとか…

 

全て梓巳が話していたことで、驚く央々。

すると「ああやはりあなたも」と遠田はさらに話し始めました。

梓巳は優しい人をあざむいて楽しんでいる、特に央々のように東京から来た育ちのいい人が目の前に現れたら羨ましくて仕方がなかったのだろうと語る遠田。

そんな遠田の話を聞き、央々はそれを信じそうになってしまいます。

 

「ただ…ちょっと困った事がありましてね」

遠田の話が本当のように聞こえてきた央々。

決定打は、梓巳が動物を平気で殺すのだという話でした。

今度は人を狙うかもと思うと恐ろしくてと遠田は心配するそぶりをします。

 

あんなに梓巳のことを思っている遠田が、梓巳に暴力を振るうなんて信じられない。

施設にはちゃんと出生記録もあり、梓巳のことをいささか信用できなくなってしまった央々。

わかくさ園を後にした央々は、園を掃除していた梓巳に声をかけられます。

妹のことで何かわかったのねと嬉しそうにする梓巳ですが、央々は梓巳を怖がりその場を立ち去ろうとしてしまいます。

 

央々の異変に気づいた梓巳。

どうしたのかと手を伸ばしますが央々に完全に拒絶されると、ふと怖い目で央々を見て黙って戻っていきました。

 

家に戻り、梓巳をつい振り払ってしまったことを悩む央々。

すると沼田から電話がかかってきます。

梓巳はやはり自分が住んでいる隣町の子だったと話す沼田。

中学生の頃、沼田の周りでは隣町に可愛い双子がいるという話題がありました。

双子は私立の有名校に通っており、公立の沼田たちからすれば高嶺の花。

沼田もこっそりと見に行き、その双子のかわいさに一目惚れしてしまったと言います。

 

一時期双子の後をつけたことがある沼田。

その時に双子の名前が桐ヶ谷梓巳と桐ヶ谷梓紗であることを知りました。

しかししばらくすると、桐ヶ谷の屋敷はさら地になってしまっていました。

沼田が驚いて周りの住人に聞いてみると、「ここのお宅は先週火事になってね」と言われます。
ニュースにも新聞にも報道されなかった話。

住んでいた人間は大丈夫だったのかと聞くと、双子は救急車で運ばれたと言われていたのでした。

 

その救急車で運ばれたのが梓巳たちだったのかも…

そう思い、当時梓巳たちが運ばれたかもしれない病院を調べ目星をつけていた沼田。

明日にでも行って調べてみると言い、電話を切りました。

 

梓巳の話は本当だったのかも。

遠田を信じてしまい、梓巳を傷つけてしまったことを悔やむ央々。

しかしもし沼田が話す双子が梓巳たちなら、遠田が見せてきた出生記録は何だったのだろうか。

梓巳に謝りたいけれど携帯を持っていないため施設に電話をするしかない、でも施設長がまた出てしまったら…

明日の取材の帰りに、梓巳に会いに行こうと央々は考えます。

 

佐賀での取材もここで終了。

最後の取材は陶芸家の尾川敦史でした。

 

私にとって器は女性だと言う尾川。

器に魅了されている尾川は、これだから央々ぐらいの娘がいてもおかしくない年齢なのにいまだに結婚できていないのだと笑います。

尾川の冗談ににこやかに取材が進んでいると、編集部から電話がかかってきました。

 

取材を中断して電話に出る央々。

すると、「沼田が死んだ」と聞かされるのでした。

 

>>私の顔にさようなら14話ネタバレに続く

私の顔にさようならを無料で読む方法

「私の顔にさようなら」はまんが王国で先行配信中です。

まんが王国はじっくり試し読みが特徴で、他の電子書籍サービスよりかなり多くのページが試し読みできることでも人気です。

ころ
まんが王国は会員登録無料!

今なら「私の顔にさようなら」1〜2巻がまるまる1冊無料で読めちゃうよ!

漫画の絵の方も合わせて楽しみたい、もっと詳しく知りたいと思った場合はまんが王国に会員登録してみてください♪

 

3巻以降の続きも無料で試し読みができるのも魅力ですね。

まんが王国で無料で読む

▲1〜2巻が無料で最後まで読めます▲

話の振り返りや1話から読みたい!という時にも便利!

私の顔にさようなら13話感想

怪文書は一体誰が送っていたのでしょうか?

梓巳というわけではないと思いますが、遠田という感じもしないですよね。とはいえ遠田は施設で央々の名刺を拾っているので、央々の自宅住所はわかっているはず…

梓巳についての嘘を話すあたり、遠田が犯人なのでしょうか?

一方で央々に冷たくされてしまった梓巳は急に態度を変え、背中を向けてしまいましたが央々にはもう二度と心を開くことはないのでしょうか。

沼田の証言により梓巳に謝ろうと思った矢先、まさかの沼田が死亡…これも犯人は遠田?それとも梓巳?他に誰かが…?

ますます面白い展開になってきましたね♪

沼田先輩がちょい役だったのが悔やまれますが、続きが早くも楽しみです!

まとめ

「私の顔にさようなら」13話(単話版)のネタバレと感想について紹介しました。

シーズン1よりもミステリー要素が強いかな?と感じます。まるでドラマを見ているみたい!

 

ぜひ、漫画の方もお楽しみください!

まんが王国で無料で読む

▲無料会員登録で2巻まで無料▲

あなたの感想もぜひコメント欄にお願いいたします!

また、あなたのオススメ漫画や「このマンガのネタバレが知りたい!」という作品がありましたらリクエストをどうぞ♪

-漫画ネタバレ

Copyright© 漫画ラテ , 2019 All Rights Reserved.