漫画ネタバレ

社内探偵10巻ネタバレ!不正は許せないありさが飯田に送ったメール内容とは

この記事では「社内探偵」(かたおかみさお先生)10巻ネタバレを紹介します!

一人で仕事をさせられていた飯田が聞いたのは、若林がクビという噂。真相は…

前話>>社内探偵9巻あらすじネタバレ

 

以下、ネタバレを含みます。

また、「社内探偵」最新話はまんが王国でどこよりも早く読めます。

今すぐ「社内探偵」最新話を読む

まんが王国は登録無料!ダウンロードも不要で今すぐに漫画を楽しめます。

この記事では「社内探偵」を無料で読む方法についてさらにまとめています。併せてご覧ください。


社内探偵10巻ネタバレ

若林の退職については久我ありさの耳にも入っていました。

ありさは若林のところへ直接出向き、なぜ退職するのかと質問しました。

 

すると若林は、自分から退職届を出せば解雇にしないからと言われたと自分は諭旨退職をしたのだと話してくれました。

それはほぼ解雇のようなものだとありさが理由をさらに聞こうとすると、若林は自分にパワハラをされたという告発があったらしいと答えます。

確かに若林は飯田などの一部助成をひいきしたり、言葉遣いや態度が悪い話は聞いていてもパワハラレベルのことは聞いたことがないとありさは言いますが、若林ももちろんパワハラの自覚もなかったと言いました。

それなのになぜ事実だと認めたような形になってしまったのかといえば、飯田の件で一度懲戒になっていたからなのでした。

 

ありさは飯田のことを心配して、若林が退職したら飯田はどうするのかと聞いてみます。

飯田は若林のために、大奥でいじめられても頑張っています。

それを伝えると、自分は飯田のことは頼んだと伝えたと若林はにらみました。

 

飯田のことはどうにかするけれど、若林のパワハラ疑惑が事実じゃないのなら認めるべきじゃないだろうと今回の若林の退職が飯田の話と繋がっているのだとありさは訴えました。

すると、自分たちをこういう状況にしたのはありさだと若林は言い、立ち上がったのです。

 

自分と飯田が処分を受けたのは、もともとはありさが望んだこと。

それを聞いてありさは何も言えなくなってしまいます。

 

ありさからすれば、不正を見逃すなんてことはできません。

不正をしたのなら処分されるのは当然のこと。

だからこそ、若林がパワハラをしたのが事実でないのなら認めてはだめだと言いたいのでした。

 

すると、若林はありさは自分の正義だけだと言います。

結局、それで満足なら好きにしたらいいと吐き捨てて若林はありさに背を向けるのでした。

 

若林が退職すると聞いた飯田は、若林に何度も連絡を入れていました。

しかし飯田からの着信も何もかもスルーしていた若林はそのまま自宅に帰ろうとしていました。

電車に乗り、駅に着いた頃。

若林の目の前に飯田が現れました。

 

急ぎの用があって連絡をしたけれど繋がらなかったから待たせてもらったと言う飯田。

まさか自分の最寄りの駅で飯田が待っているとは思わなかった若林は、しどろもどろになりながら近くの公園へと移動しました。

誰かに見られたら困ると思っていた若林。

しかし無視をした若林が悪いのだと飯田は口をとがらせます。

 

飯田は、若林にクビとはどういうことだと突っ込みました。

すると、自分から辞めると言ったのだと若林は答えると、飯田に別れを告げました。

突然の別れに驚く飯田。

しかし若林は、自分にとって一番大事なものは妻だと言い出しました。

それを聞いて、飯田は自分は頑張っているのに、奥さんとはうまくいっていないと聞いているのにと反論しました。

それでも若林は、自分が異動になってから妻と話し合うことも増えて仲が良くなったのだと説明します。

 

それを聞いて飯田は泣いてしまいましたが、若林はただ頭を下げることしかできず、2人は別れることになったのでした。

 

その後、若林の退職の件はどうにかならないかと高井に相談したありさ。

しかしありさには若林の退職の手続きをように言っただけなのにどうして諭旨退職だと言うおかと高井は反論しました。

すると、パワハラが事実かどうかは慎重に調べたほうが良いとありさは言いました。

 

パワハラで告発されていることをありさが知っていることに気付いた高井。

しかし、告発者がいて調査をきちんとした上で本人が認めたから退職になったのだと、もう決定したことだからとありさの意見は受け入れない様子です。

しまいには、若林のことに首を突っ込むのはもうやめろとありさは言われてしまいました。

 

自分が調査しているのは若林の意思ではなくて不正の犯人であることを伝えたかったありさ。

ありさは真相を明らかにしたいだけです。

しかし高井には、人を不幸にしているのはありさなのに、ただ自分がスッキリしたいだけではないかと言われてしまいます。

 

真相を解明したらありさだって傷つくはずだと高井に言われ、自分がやっていることは間違っているのだろうかと考えてしまいました。

ありさからすれば、良くないことをした人間は裁かれるべきだと思っています。

しかしもし今回の件の黒幕が三屋であった場合、三屋が悪事を働くとは思えません。

三屋が黒幕ならきっと何か事情があるのだろうと思うありさ。

それでも事実を追求するのだろうか。そう考えると何も言えなくなってしまいました。

 

高井は、若林のパワハラを告発したのは誰かというのは詮索しないでと言ってきます。

もし通報した人間がバレれば、その人はちょっとしたことですぐにパワハラ告発してくると思われてしまう可能性があるからだと説明しました。

告発した人間が今後安心して会社で仕事ができるように、さらに会社も健全に運営できるように、告発した人間は守られるべきなのだと主張する高井。

もちろんありさにとってもそれはよくわかっていることでした。

しかし、だからといって無実なのに裁かれてしまう人を見過ごせないと思ってしまうありさ。

ありさはそのことばかりが頭をよぎり、仕事中町上に心配されるほどになっていました。

 

町上はなんとなく元気がなさそうなありさを心配してくれます。

そんな町上に、つい笑みを浮かべるありさ。町上にはまだ話せないことばかりです。

また、飯田のこともありさは気がかりでした。

若林がクビであることを知っていたら、大奥にいる飯田は心が折れてしまうのではないかと考えてしまいます。

するとちょうどいいタイミングで飯田からメールが入りました。

 

直接話したいことがある、というメールを送ってきた飯田。

若林のことだろうと思いながら、飯田の幼稚な文章を眺めます。

すると縦読みにすると若林をクビにしたことを怒っていることがわかるメッセージになっていました。

いつも通りの飯田であることに気付き、心はまだ大丈夫なようだと感じるありさ。

その日、飯田と会議室で会うことになりました。

 

飯田は若林のクビの理由が知りたいようでした。

ありさの失言で、飯田は若林が自主退職ではなく本当にクビになってしまったことがバレてしまいます。

しかし飯田は若林から直接退職だと聞いたのに、実はクビだと知っていたところがおかしいと感じたありさ。

どうしてクビだと思ったのかと聞くと、山下が若林のクビの理由を教えてくれと言ってきたからだと答える飯田。

 

それを聞いて、ありさは山下が若林のパワハラを告発した人間ではないかと思い始めます。

なぜなら、山下の繋がりだけでは若林が諭旨退職であることは知ることはできないはずだからです。

若林がほぼ解雇扱いと同等の諭旨退職である情報は、パワハラを告発した本人と一部の上層部しか知ることができません。

もし山下がパワハラを告発した張本人だとしたら…

どうして飯田にその理由を聞いたのか、ありさはますます真相が知りたくなります。

 

しかしありさの頭に、高井の言葉がよぎります。

告発者は守られるべき。

結局、ありさは山下がパワハラ告発したのかもしれないと思いながら、飯田に若林の退職理由は教えることはできないと伝えるしかできないのでした。

 

飯田は理由を教えてもらえないのならもういいと言い出しありさのもとを離れてしまいます。

自分がやっていることに自信が持てなくなってしまったありさ。

その場に座り込んでしまったところに、松原がやってきました。

 

松原はありさが沈んでいるように感じたと声をかけてくれます。

何かあったのか聞かれ、ありさは人事部員である自分に考え込んでしまったと悩みを吐露しました。

ありさでも悩みがあるのかとほほ笑む松原。

松原は、自分や林を救ってくれたありさなら大丈夫だと笑顔で励ましてくれます。

ありさがやってきたことに関しては林も感謝していたようです。

人事として頼もしい、と言ってもらえたありさは自分にできることを徹底的にやろうと思いなおし、自信を取り戻します。

 

もとはといえば、人に興味があり、まじめに働いている人が不利益を被ることになってしまうのが許せないから人事の仕事に打ち込んでいたありさ。

それは上司である三屋が相手であっても、人事部員として真実を追求しようと思うのでした。

 

その頃、飯田は部署に戻り進捗を打っている最中でした。

課長は瑞江を雑用に使い、相変わらずです。

いつの間にか部署には飯田と船堀の二人きりになってしまいました。

 

すると静かになった部署で、船堀が口を開きます。

この部署にはうんざりだろうと聞いてくる船堀。

大奥のくだらないイジメは最悪だとパソコンの画面を見ながら話す飯田ですが、船堀もうんざりしていると言い出しました。

 

一緒に課長を引きずり降ろさないかと提案してくる船堀。

するとありさから飯田にメールが入りました。

ありさも飯田に負けじと縦読みでメールをしていました。

 

内容は、手を組まないかというもの。

それを見て思わず笑ってしまった飯田。

ありさが協力してくれることを知った飯田は、船堀の提案も受けることにしたのでした。

 

>>社内探偵11巻ネタバレに続く

 


社内探偵を無料で読む方法

「社内探偵」はまんが王国で先行配信中なので、最新話はまんが王国で読むのがおすすめです。

今すぐ「社内探偵」最新話を読む

登録無料!今すぐ読める!

まんが王国は登録無料で毎日最大50%ポイント還元!すぐに好きな漫画が読めます。

一方、「社内探偵」を無料で読みたい場合は、動画配信サービスの利用がおすすめです。

music.jpで読む30日お試し無料登録時に600円分のポイントがもらえる。ポイントを使えば「社内探偵」を今すぐ無料で読むことができる。
まんが王国で読む登録無料。毎日最大50%のポイント還元で「社内探偵」をお得に読むことができる。「社内探偵」先行配信中。
ころ
まんが王国は先行配信、かつポイント還元でお得に読める。でも無料で読みたいなら、ポイントを使って漫画が読めるmusic.jpがいいね!

music.jpで「社内探偵」を無料で読む

当サイトで紹介しているサービスは漫画村などとは違い、安全な公式のサービスです。漫画を無料でたくさん読みたい時はぜひお試しください。

社内探偵10巻感想とまとめ

一旦自信を失ってしまったありさですが、松原や林のおかげで自信を取り戻したようで良かったです。

確かに自分が正義を貫きたいがために誰かを不幸にしてきたのかと言われてしまったら何も言えないですよね。

しかし相手が三屋部長であっても、ありさは本来自分がやるべきことに気付いた様子。

ついに飯田と手を組むことに決めました。

そんな中、同じ大奥で働く船堀も課長のことは良く思っていなかった様子。

船堀は以前から飯田にちょいちょい嫌味のようなちょっかいを出していましたが、わりと最初から課長の様子を伺っている感じでしたね。

船堀は課長を降ろさせてどうしたいのか、飯田を利用するだけなのかはまだわかりませんが少しずつ真相が明らかになっていくようです。

 

 

「社内探偵」10巻のネタバレについて紹介しました。

ネタバレだけでなく絵の方もぜひお楽しみください。

今すぐ「社内探偵」を読む

登録無料!今すぐ読める!

>>社内探偵を無料で読む方法に戻る

>>社内探偵ネタバレまとめ

漫画を楽しむためのおすすめサービス♪

もっと漫画を無料で&お得に楽しみたい!そんなあなたにおすすめするサービスはこちらです!

まんが王国 ・登録無料!毎日お得に漫画が読める!
・無料のじっくり試し読みは新作から名作まで3000作品以上配信!
・オトナ向け漫画も充実♡読むほどお得
・毎日最大50%還元!
U-NEXT ・無料トライアル登録で600円分の漫画をタダ読み!
・継続利用でもらえるポイント2倍
・最大40%のポイント還元。お得に漫画が読める!
マンガmee blank・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・恋愛少女マンガ名作から限定作品まで大量配信。
ガンガンONLINE blank・ダウンロード無料!スクエニ公式漫画アプリ!
・オリジナル作品が豊富♡他にないジャンルが多い
・お気に入りのマンガをすぐに読める
FODプレミアム blank・無料期間中にポイント付与!有料作品楽しめる!
・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!
・最新雑誌も読み放題

-漫画ネタバレ
-, ,

© 2020 漫画ラテ