漫画のネタバレや最新刊・最新話を無料で読む方法を紹介。電子書籍・コミックのサイトやサービス、アプリのおすすめも。

漫画ラテ

漫画ネタバレ

約束のネバーランド|ネタバレ最新114話「一つずつ」漫画を無料で読む方法も

投稿日:

週刊少年ジャンプで連載中「約束のネバーランド」114話のネタバレと感想について紹介します。

>>前話「約束のネバーランド」113話ネタバレ感想はこちら

 

以下、ネタバレ内容を含みます。

漫画の絵もちゃんと楽しみたい!もっと好きな漫画を読みたいという時は漫画を無料で読む方法もあるのでよろしければ見てみてください。

おすすめ!
no image
漫画の最新刊や最新話を無料で読む方法|おすすめサービス・まとめ

単行本の発売を待つのも楽しいですが、どうしても待ちきれない!最新刊が読みたい!最新話が気になる!なんてことはありませんか? 電子書籍サービスやアプリでは、漫画の1巻から数巻が無料で読み放題になっていた ...


約束のネバーランド114話ネタバレ

前回、ルーカスが最後に受けた電話の内容の暗号を解読した子どもたち。

『”ライオンのあご”へ行け』との内容に、一人が場所の目星を話したことで子どもたちは奮起する。

 

エマが”ライオンのあご”への道を地図を広げて確認する。

ユウゴとルーカス、そして今まで犠牲になった子どもたちを思い浮かべ、「行ってきます」と言った。

 

旅程も三日目となった頃。ギルダは思っていたよりも進まないことを自覚している。

最初に旅立った頃は6人だが、様々な農園を渡り合った結果今は55人に膨れ上がっている。

 

”この大人数じゃ小回りは聞かないし、年少者には短文今のこのペースでも速い”

 

食べ物を探すのも眠る場所を探すのも、6人のときとは勝手が違い、さらには緊張による疲労も蓄積されていく。

 

”鬼だけじゃない。ラートリー家にも警戒しなければ”

 

と、レイは考えた。

 

突然「キイキイ」と鳴き声が響いて構えるレイとザック。フクロウ型のカメラを見つけたことにより、一秒たりとも休めない状況となっている。

 

”いや・・・休むもんか。守らなきゃ急がなきゃ。家族をこれ以上失わないためにも”

 

列の最後尾でエマはそう心に誓う。

 

バスケットの中にこじんまりと種類ごとに収まるきのみを見て、ヴァイオレットとナイジェルは前とは季節も全然違って取れないと嘆く。

エマがもう一回探してくるから休んでいてと言って探しに行こうとすると、年少組の子どもたちが一緒に行かせてと言ってついていった。

 

エマとドンが様々なキノコを前に四苦八苦していると、一緒についてきた年少の子どもたちが大量のキノコや草を籠いっぱいに集めてエマがぎょっとする。

更にはドンに毒があると伝え、手に持った草は毒抜きすれば食べられると言う。唖然とするエマとドン。

 

ギルダが地面を見つめるイベットに何を探しているのかと聞くと、足跡だと返す。

すると以上で鳴き声がして、イベットが走り出す。

声の主がサルかもしれないと走りながら話すイベットに、ドンはさるを食べるのかとびっくりして聞くと、イベットは以前ユウゴに動物は食べ物がある場所を知っているし、もしサルだったら大抵人も食べられると教えてもらったことを話す。

 

たどり着いた先にはサルが二匹木の上にいて果物を手に持っていた。

木の上からポロポロと落としてくれたことに感謝し、籠の中には山菜や果物、野草でいっぱいになった。

 

驚くエマとドン。そしてジェミマは食料調達は年少組のほうが得意かなと話す。

 

「この2年、私達いろんなことができるようになったんだよ」

 

ユウゴに食べられる野草・キノコや鳥の羽での魚釣り、ルーカスには日の付け方や銃の扱い方を教えてもらった年少の子どもたち。

 

「私達、旅もへっちゃらだよ。全員ユウゴとルーカスの弟子だもん」

 

そしてイベットはエマに、つらかったらちゃんと休んでいいと優しく抱擁した。

エマは旅をしていた1年で、年少の子どもたちも成長していたんだとわかり、自身をバカだと思った。

ユウゴに言われた”「お前なら、お前たちなら」”という言葉は、エマたち年長組だけではなく、年少組を含めたみんなのことだったんだと思い直した。

 

籠いっぱいの食べ物をみんなの元に持っていくと、そこにはすでに鍋を火にかけるペペや魚を釣ってきたテオの姿があった。

 

”私達なら大丈夫。どんな大変な旅だって大丈夫”

 

それから5日経った旅程8日目。

 

レイが10日で到着は難しそうだと話す。それにエマはうなずくが、エマは全員無事で全員生きていることをプラスに考えてそういった。

しかし、ドミニクとクリスだけはケガの具合が心配だと話す。

 

外に出てから8日間、鬼にもラートリー家にも遭遇しておらず、この調子なら10日は無理でも1日や2日の誤差で目的地につけそうだとエマは言う。

 

「・・・・・・私ね、本当は不安もいっぱいだったの。レイもでしょ」

 

「私、不安だった。シェルターを失って、支援者を失って、ユウゴたちまで失って本当に大丈夫なのかって」

 

そしてアンドリューが言っていたフィルについても話す。

あと2ヶ月の時間があるのかや、今すぐ助けに向かうべきではないのか。しかし今の自分たちに何が手切るのかと葛藤し不安になっていたが、年少組の子どもたちに気付かされたと言う。

 

「そんな時こそ、まず目の前のことからクリアしていくんだ」

 

「不安になったって世界は何一つ変わらない。できることから、スべきことから一つずつ。それが道になっていくんだから」

 

それを聞いたレイはエマに何かを言おうとして、ハッとした。

レイはドンを呼び、子どもたちに動くなと言って三人で走り出す。鬼の気配を感じたのだった。

 

三人が走ってたどり着いた先には、鼻から下をマスクで隠した少年と、頭に鉢巻をした少年の二人組が4体の鬼に囲まれていた。


約束のネバーランドを無料で読む方法

ネタバレはストーリーを知るだけならいいんですが、やっぱり絵もあったほうが断然面白いです!

 

漫画の絵も楽しむなら、無料でお試しができてポイントももらえる動画配信サービスを利用するのがおすすめです!

FODやU-NEXTなら、ジャンプSQやヤングジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーなんかも読むことができます。

おすすめ!
no image
漫画の最新刊や最新話を無料で読む方法|おすすめサービス・まとめ

単行本の発売を待つのも楽しいですが、どうしても待ちきれない!最新刊が読みたい!最新話が気になる!なんてことはありませんか? 電子書籍サービスやアプリでは、漫画の1巻から数巻が無料で読み放題になっていた ...

無料でもらえるポイントを使って購入すれば実質0円で漫画が読めちゃいます♪

それだけでなく、最初から無料で読めるコミックも豊富ですよ〜!

約束のネバーランド114話感想

ついにライオンのあごへの旅が始まりました。

はじめは6人で始まった旅も、途中で増えては減ってで55人。食べ物調達に苦戦するエマたちですが、一緒についてきた年少組の子どもたちがあれよあれよと籠をいっぱいに。

ユウゴとルーカスに仕込まれたサバイバル術に驚くエマたち年長組。

 

10日での到着は無理だと話すレイとエマですが、鬼の気配を察知してドンを加えた三人で向かった先には、鬼に囲まれる二人の少年が。二人は一体何者でしょうか?

まとめ

週刊少年ジャンプ2019年1号掲載「約束のネバーランド」114話ネタバレ感想について紹介しました。

「約束のネバーランド」最新刊12巻は2019年1月4日発売予定。2019年1月からはアニメも放送されます。

動画配信サービスの方で配信されれば、漫画はもちろんアニメも併せて楽しめそうですね♪

あなたの感想もぜひコメント欄にお願いいたします!

また、あなたのオススメ漫画や「このマンガのネタバレが知りたい!」という作品がありましたらリクエストをどうぞ♪

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ラテ , 2019 All Rights Reserved.