漫画ネタバレ

声なきものの唄11話ネタバレ!名を変え場所を変え…巴を救ったのは!?

まんがグリム童話で連載の漫画「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜11話ネタバレを紹介します。

 

前話>>声なきものの唄10話ネタバレ

以下、ネタバレを含みます。

 

また声なきものの唄はU-NEXTで分冊版を無料で読むこともできます。

U-NEXTで声なきものの唄を無料で読む

U-NEXTならお試し登録で600円分のポイントがもらえ、ポイントで好きな漫画をタダで読むことができます

この記事では声なきものの唄を無料で読む方法についても紹介していますので、併せてチェックしてみてくださいね。

声なきものの唄11話ネタバレ「牛の瞳」

明子の実家は岡山で牧場を営んでいました。

経営は順調とまではいきませんが、父はそれなりにやっていました。

明子は牧場が大好きで跡取りになるのだと意気込みます。

 

明子の牧場には徳次という同い年くらいの手伝いがいました。

徳次はおっとりしていて優しくて物静かです。

明子は徳次のことをまるで牛のようだと感じていました。

 

明子が17歳の時、牛の間で伝染病が流行ってしまいます。

何とか食い止めようと父たちは必死になりますが、牧場で一番の種牛までが伝染病で死んでしまいました。

牛が死んでしまったため、新しく牛を飼わなくてはなりません。

しかし、土地の借金も残っているためなかなかお金を貸してくれるところがありませんでした。

 

明子の父は牧場を守るために必死に金策に走り回りました。

馬に乗り、あっちこっちに頭を下げに行きます。

 

しかし、金策に走り回っている最中、父は崖から転落し、亡くなってしまいました。

父が死んでしまい金策もできなかったため、明子の牧場は潰れてしまうのでした。

 

父の死後、土地も牛馬も売り払いますが借金は返せませんでした。

明子は借金のカタに売られることが決まります。

徳次は明子が売られて行くのを阻止しようとしてくれました。

しかし、明子はそんなことをされても惨めになるだ、放っておいてほしいと言って徳次を遠ざけるのでした。

 

明子は美つると言う名で売られてしまいます。

初めて客を取らされた時は、身体と心が付いて行かずおかしくなりそうでした。

そんな時、明子は玉吉という男に出会います。

玉吉は明子にとって心の支えとなりました。

 

玉吉のおかげでそれなりの女郎らしくなった明子。

しかし、玉吉はヒモ状態で、上がっても金を払いません。

明子持ちで上がり、さらに明子から金をもらっている状態でした。

それでも明子は玉吉を捨てられません。玉吉に次はいつ来てくれるかと言って甘えます。

 

そんな甘えている姿を徳次に見られてしまいました。

徳次は明子の楼の下働きとして入ってきたのでした。

徳次が明子の前に現れたのは、明子が心配で追いかけてきたからでした。

しかし、明子は徳次に女郎になった姿を見られショックを受けます。

もう恥も外聞もないと思っていましたが、徳次と再会したことでまだ恥じらう気持ちが残っていたのだと明子は気付かされるのでした。

 

ある日、玉吉が借金をしてしまったため大阪に逃げようと考えていると聞かされます。

明子が行かないでほしいと言うと、玉吉は一緒に逃げて向こうで結婚でもするかと言ってくれました。

徳次は玉吉の良くない噂を知っているため明子にあの男に入れこんではいけないと忠告します。

しかし、明子に玉吉の言葉を聞こうとはしません。

 

そんなある日、玉吉が楼に上がらずどこかへと行こうとしているのを見かけた明子は、浮気を疑いこっそりと付いて行きました。

すると玉吉がある男に明子を渡すため借金を無しにしてほしいと交渉している所を聞いてしまいます。

それを聞いて、明子は今まで騙されていたことにようやく気付きます。

結婚するという話も嘘だったと気づき、ショックを受けました。。

 

明子にバレた玉吉ですが、うまいことを言って明子を連れて行こうとします。

玉吉はこのまま明子に足抜けをさせようとします。

 

しかし、そこに徳次が現れます。徳次は着いていってはいけないと言って明子を止めました。

邪魔をされた玉吉は、徳次に切りかかりました。

そして邪魔をするなら明子の顔に傷をつけると言って脅します。

 

ですが、脅されても徳次はひるみませんでした。

素手でナイフを掴み、明子を守ろうとしてくれました。

徳次に守られた明子はやっと目が覚めた気がしました。

玉吉に女郎だからとバカにするなと言って玉吉と縁を切ることを決めたのでした。

 

明子は自分の為に体を張ってくれた徳次にどうしてここまでしてくれるのかと聞きます。

すると徳次は明子は明子だと言って穏やかに笑ってくれました。

 

牛のように穏やかな顔で笑いかけてくれる徳次を見た明子は、昔から徳次が好きだったことに気づくのでした。

明子が玉吉に啖呵を切っていたところを東陽楼の楼主が見ていました。

楼主は明子のことを気に入り、見世を移らないかと誘ってくれます。

 

誘われた明子は東陽楼へと移ることを決めました。心機一転、名前も巴へと変えました。

そして徳次も楼主の口利きで郭内の別の店に移ることが決まりました。

徳次は下駄屋へと奉公へでました。

 

その後、明子は巴として東陽楼でお職に就くようになります。

そして年季明けまであと4年。徳次は今も下駄屋で明子のことを待ってくれているのでした。

 

>>声なきものの唄12話ネタバレへ続く

>>声なきものの唄最新話ネタバレ


声なきものの唄を無料で読む方法

以下に「声なきものの唄」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。

U-NEXTで読む無料トライアル登録時に600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。ポイントを使えば「声なきものの唄」が今すぐ無料で読むことができる。
music.jpで読む30日お試し無料登録時に600円分のポイントがもらえる。ポイントを使えば「声なきものの唄」が今すぐ無料で読むことができる。
FODプレミアムで読む2週間の無料期間中に最大900円分のポイントがもらえる。ポイントを使えば「声なきものの唄」が無料で読める
まんが王国で読む登録無料。毎日最大50%ポイント還元。「声なきものの唄」がお得に読める。じっくり試し読み3000作品以上。

動画配信サービスは無料お試し期間中にもらえるポイントを使ってタダで漫画を読むことが可能です。

全てのサービスをお試しすれば、漫画がお得に楽しめますよ♪

是非お試しください。

声なきものの唄11話感想まとめ

巴は最初から東陽楼で働いていたわけではなかったのですね。

産まれは士族のお嬢様で、父の牧場が上手くいっていたなら売りに出される必要もない家柄の娘でした。

そして売りに出された後も最初から東陽楼ではなく、色々と苦労してきたようです。

徳次が追いかけてきてくれなければ、明子は玉吉に騙されて巴になっていなかったかもしれませんね。

きっと年季が明けたら徳次と結婚するのでしょう。4年後、2人が幸せになれるといいですね。

 

「声なきものの唄」11話ネタバレについて紹介しました。

 

ネタバレだけでなく漫画の方でもお楽しみください!

U-NEXTで声なきものの唄を無料で読む

>>声なきものの唄をお得に読む方法に戻る



漫画を楽しむためのおすすめサービス♪

もっと漫画を無料で&お得に楽しみたい!そんなあなたにおすすめするサービスはこちらです!

まんが王国 ・登録無料!毎日お得に漫画が読める!
・無料のじっくり試し読みは新作から名作まで3000作品以上配信!
・オトナ向け漫画も充実♡読むほどお得
・毎日最大50%還元!
U-NEXT ・無料トライアル登録で600円分の漫画をタダ読み!
・継続利用でもらえるポイント2倍
・最大40%のポイント還元。お得に漫画が読める!
マンガmee ・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・恋愛少女マンガ名作から限定作品まで大量配信。
ガンガンONLINE blank・ダウンロード無料!スクエニ公式漫画アプリ!
・オリジナル作品が豊富♡他にないジャンルが多い
・お気に入りのマンガをすぐに読める
FODプレミアム blank・無料期間中にポイント付与!有料作品楽しめる!
・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!
・最新雑誌も読み放題

-漫画ネタバレ
-,

© 2021 漫画ラテ