漫画のネタバレや最新刊・最新話を無料で読む方法を紹介。電子書籍・コミックのサイトやサービス、アプリのおすすめも。

漫画ラテ

\最新話ネタバレ更新/
▲今すぐ読む▲

漫画ネタバレ

鬼滅の刃|ネタバレ136話「動く」感想と漫画無料情報

投稿日:

週刊少年ジャンプで連載中「鬼滅の刃」136話のネタバレと感想について紹介します。

>>前回の「鬼滅の刃」135話ネタバレはこちら

 

以下、ネタバレ内容を含みます。

漫画の絵もちゃんと楽しみたい!もっと好きな漫画を読みたい!という時は漫画を無料で読む方法もあるのでよろしければ見てみてください。

おすすめ!
no image
漫画の最新刊や最新話を無料で読む方法|おすすめサービス・まとめ

単行本の発売を待つのも楽しいですが、どうしても待ちきれない!最新刊が読みたい!最新話が気になる!なんてことはありませんか? 電子書籍サービスやアプリでは、漫画の1巻から数巻が無料で読み放題になっていた ...


鬼滅の刃136話ネタバレ

前回、岩柱の修行を終えた炭治郎。岩柱に刀鍛冶の里でのことを褒められるが謙遜すると、悲鳴嶼が過去に起きたとある事件を話し出す。それはかつて悲鳴嶼が寺で身寄りのない子供達の世話をしていたときの話だった。

 

修行が一段落した炭治郎は、伊之助と玄弥とともに鍋を囲っていた。

 

玄弥が悲鳴嶼のことについて話す。玄弥には才能がないから継子にはしないといってはいたが、鬼食いしているのを察して弟子にして、さらには身体の状態を見てもらえと胡蝶を紹介してもらったという。

 

「お前も割りと頭固そうだから色々言われると思ってた」

 

そういう玄弥に炭治郎は自身も呼吸が使えなかったら同じようになっていただろうと話し、玄弥の身体を心配する。

 

炭治郎が鍋を食べ終わったら水柱・富岡義勇の元へ行くから玄弥もくるかと問うと、玄弥は岩を一町も動かせないからいけないと話す。

そこに伊之助があと少しだと割ってはいる。玄弥は呼吸が使えないというと、伊之助が笑って「雑魚が!!」と玄弥を煽って喧嘩が勃発する。

 

伊之助の背に乗った炭治郎が、一緒に行ったときに道すがら話そうと思ったことを玄弥に話す。それは玄弥の兄であり風柱の不死川実弥のことだった。

 

話が終わった炭治郎は、善逸の元に駆け寄る。

進捗を聞くが、善逸は背を向けたまま岩はまだ動かせないと話す。炭治郎は善逸が最近しゃべらないことを心配していると、善逸はやるべきことがはっきりしたと話す。

何かできることがないかと聞くが、善逸は炭治郎のやるべき事をやれといつにもまして真面目に答える。その様子におろおろする炭治郎だが、善逸はそんな炭治郎に感謝の言葉を述べた。

 

「ありがとう。だけどこれは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ」

 

そういう善逸は頭から血を流して真っ直ぐ一点を見つめていた。

 

岩柱の元を離れ、水柱の元へ向かう炭治郎。善逸の心配をしつつ、ずっと預けっぱなしの妹・禰豆子の心配もする。

 

そしてどうにかしてたどり着くと、そこには富岡に対峙する不死川の姿があった。

 

風の呼吸壱ノ型塵旋風・削ぎを富岡に繰り出す不死川。それを受けた富岡の木刀が欠ける。それを物陰から見ている炭治郎。

 

”はっ・・・速っ!!!”

 

”でも見える!!動きを追えるぞ・・・!”

 

すると不死川が富岡を煽る。

 

「オラオラァどうしたァ!!テメェは俺達とは違うんじゃあねぇのかよォ!!」

 

そういって攻撃をする不死川。炭治郎がそういう意味じゃないと物陰から覗いていると、富岡が水の呼吸肆ノ型打ち潮で応戦する。しかし不死川は舞うように飛び、富岡の背後を取る。

 

風の呼吸伍ノ型木枯らし颪と水の呼吸漆ノ型雫波紋突きを打ち合い、互いの木刀が折れたところで終了となるかと思いきや、不死川は次は素手で殺しあうと意気込んでいると、そこに炭治郎が割ってはいる。

 

殺しあったらいけないといって不死川の前に立つが、不死川が接触禁止だろうと炭治郎に言う。すると炭治郎はおはぎの取り合いかと素っ頓狂なことを言い出す。

 

不死川からさっきがあふれ出ているのを感じる炭治郎だったが、炭治郎は不死川におはぎが好きなことを確認する。

 

「不死川さんちで稽古つけてもらっていた時、ずっとほのかに餅米とあんこの匂いしてたし」

 

「戻ってくるたび抹茶とおはぎのいい香りがしてたので・・・てっきり・・・」

 

そう話す炭治郎の後ろで、富岡がぼそりと「不死川は・・・おはぎが好きなのか・・・」と呟いた。そして炭治郎が追撃するようにおはぎはこしあん派かつぶあん派かを問いかけ、炭治郎のお婆ちゃんがおはぎが大好きだと言った所で不死川のグーパンが炭治郎の顎に入った。

 

炭治郎が目を醒ますと不死川が帰った後だった。炭治郎が喧嘩の理由を尋ねると、富岡は喧嘩ではなく稽古の一環で手合わせしていたと話す。

二人が木刀を持っていたことに納得した様子の炭治郎。邪魔したことを謝るが、富岡は不死川の好物がわかってよかったと炭治郎に言う。

 

「今度から懐におはぎを忍ばせておいて、不死川に会う時あげようと思う」

 

きっと仲良くなれると話す富岡に賛同する炭治郎。しかし喧嘩になる未来しか見えない。

 

一方で夜道を一人で歩く不死川。炭治郎にイラつきながら階段を下りていると、草原から物音がして瞬時に掴んで握りつぶす。開いた手のひらには「肆」と書かれた目玉のような生き物が潰れていた。

 

更に産屋敷の屋敷ではとある人物が訪問していた。

 

「・・・初めましてだね。鬼舞辻・・・・・・無惨・・・」

 

病床に伏す産屋敷の前に現れたのは鬼の絶対的支配者・鬼舞辻無惨であった。

鬼滅の刃の最新刊を無料で読む方法

ネタバレはストーリーを知るだけならいいんですが、やっぱり絵もあったほうが断然面白いです!

漫画の最新話・最新刊を絵も楽しむなら、無料でお試しができてポイントももらえる動画配信サービスを利用するのがおすすめです!

 

FODやU-NEXTなら、ジャンプSQやヤングジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーなんかも読むことができます。

おすすめ!
no image
漫画の最新刊や最新話を無料で読む方法|おすすめサービス・まとめ

単行本の発売を待つのも楽しいですが、どうしても待ちきれない!最新刊が読みたい!最新話が気になる!なんてことはありませんか? 電子書籍サービスやアプリでは、漫画の1巻から数巻が無料で読み放題になっていた ...

無料でもらえるポイントを使って購入することで実質0円で楽しめます♪

鬼滅の刃136話感想

岩柱の稽古も終わった炭治郎。

玄弥に道すがら話そうと思っていたことを鍋の席で話したようでした。

内容は兄で風柱である不死川実弥のこと。一体何を話したのでしょうか?

そして善逸。岩に座って終始炭治郎に背を向けて話す善逸ですが、その頭からは血が。そしていつにもまして真面目な様子。前回鎹雀から伝わった内容とは?

そして産屋敷の前に現れた鬼舞辻。一体何が起こるのでしょうか?

まとめ

鬼滅の刃136話のネタバレと感想について紹介しました。

 

「鬼滅の刃」最新刊14巻は2019年1月4日発売予定です。絵の方もあわせて楽しみたいですね!

 

 

 

 

あなたの感想もぜひコメント欄にお願いいたします!

また、あなたのオススメ漫画や「このマンガのネタバレが知りたい!」という作品がありましたらリクエストをどうぞ♪

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ラテ , 2018 All Rights Reserved.