漫画ネタバレ

鬼獄の夜|23巻(67-69話)ネタバレ!開眼者と共に…地下6階の正体は?

マンガmeeで連載中、加藤キャシー先生の漫画「鬼獄の夜(きごくのよる)」23巻(67話〜69話)のネタバレについて紹介します。

 

以下、ネタバレを含みます。

なお「鬼獄の夜」最新話はマンガmeeで読むことができます。(ダウンロード無料♪)

マンガmeeで鬼獄の夜最新話を読む

また、鬼獄の夜を無料で読む方法・最新話の読み方についてもまとめていますので併せてご覧ください。


鬼獄の夜23巻67話〜69話ネタバレ

>>前話・鬼獄の夜22巻ネタバレ

67話〜は23巻として収録されるのではないかと予想しています。

67話 バレるか、バレないか

コレ運ぶの手伝ってくれないかな?と開眼者に言われてしまった美空たち。

ボロボロになった人間を地下6階に運ぶだけ。「急いでいるから」と灰原は言いますが、開眼者の心得は主様ファーストだと言われてしまいました。

ここでは主様に関することが最優先。それになぜコレを下に運ぶのか知らないわけがないよね?と言われてしまい、何もしらない美空たちは返事に困ってしまいます。

 

これ以上は関わりたくない、でもここで断ったらそれこそ怪しまれてしまう…そう思った時、恭平が「うるせえなあ」と前に出ました。

そして布に包まれた人間を持つと、1つ下の階に運ぶだけでいいんだろと勝手に運んでいこうとします。

ここで恭平を1人にするのは不安だし、二手に別れるのは得策ではないと考えた美空も灰原、恭平と一緒に地下に降りていくことにしました。

 

まだここに来て日が浅いのだと開眼者に話す美空たち。すると「この副作用を見たのも初めて?」と聞かれます。

開眼者になるためには試練がある、でも残った優秀な者だけが真の幸福を得られるのだと言う開眼者。

副作用が出たと思われる人間の態度から、地下6階は治療を行う場所ではないと推測する美空は、この下に本当の鬼がいるのだろうかと考えゾッとしていました。

 

そして地下6階へ。そこには厳重な扉がありました。

「中に運んで」と言われますが、恭平は下まで運ぶだけだと言ったとそれを拒否します。

すると「君たちは本当に開眼者?」とついに疑われてしまいました。

装束は着ているけれど違和感がある、と言われシラを切ろうとする灰原。すると開眼者の1人が「地下6階と主様は関係ない」と美空たちに嘘をついていたことを白状します。

 

ここを知っている開眼者なら、自分たちを手伝ったりはしない。

 

そう言われてしまい、美空は自分たちがバレたと焦ります。

そう思った頃には恭平がすでに動いていて、開眼者の1人を殴り倒してしまいました。

「次はてめぇだ」と隣の開眼者を恭平が睨んだ瞬間、太い針のようなものが恭平の腹を刺しました。

 

そのまま倒れてしまう恭平。

灰原は未空をかばって伏せました。

頑丈な扉の先を見て美空と灰原は絶句します。

 

扉の先の暗闇には、巨大なミミズのようなものが蠢いているのでした。

68話 進化した鬼!?

この扉の奥には何がいるのか…美空は怖くてたまらなくなってしまいます。

重い、禍々しい何かを感じてしまう美空。

ここにこれ以上いたら飲み込まれてしまうと思ってしまいました。

 

すると他の開眼者が、まだ日没前なのに…と震えている様子。

活動ができないはずなのになぜ?怖がっている開眼者を見た灰原は、焦る美空を落ち着かせて言います。

あの中にいるのは鬼だろうと美空に伝えた灰原。

ここは顔なし鬼とは関係ないと言っていたと美空はさらに焦った様子で答えますが灰原は冷静でした。

動いていた恭平を狙ったのと、日没までは活動しないという習性を見ても明らかに顔無し鬼の可能性が高いというのでした。

 

こんなところに顔無し鬼がとゾッとする美空。

今はむやみに動かない方がいい、灰原がそう声をかけた瞬間開眼者が走って扉の制御板へ走り出します。

鬼の前で動くなんてと美空たちが見ていると、開眼者は「こいつを出したら自分は幸福者になれない」と扉を閉めようとするのでした。

 

するとその時、触手なようなもので開眼者は刺され、さらに扉の中へと引きずられていってしまいます。

扉がしまったらすぐに逃げようと灰原は伝えますが、恭平が意識を取り戻し起き上がりそうになってしまいました。

恭平に動いちゃダメと声を出した美空。

ついに美空も触手に掴まれ扉の奥に引きずり込まれてしまうのでした。

 

扉は閉まり、美空だけが鬼につかまってしまいます。

私死ぬの?と焦る美空ですが、すぐに落ち着いて抵抗せずに動きを止めました。

すると解放されます。

 

しかし扉の中にいる美空。

美空は解放されたことで、こいつはやはり顔無し鬼だと認識しました。

一緒に引きずり込まれた開眼者の悲鳴が聞こえます。

そこで美空は鬼の頭を見て驚くのでした。

69話 灰原VS恭平

美空が鬼のいる部屋に引きずりこまれていってしまったことを悔やむ恭平。ドアを蹴ります。

なんとかしろと灰原にどなりますが、認証キーが必要で扉は開けられない状態でした。

 

開けたところで、正面から鬼に向かうのは得策ではない…灰原が言いかけると恭平はすかさず灰原を殴ります。

そして美空を本気で守る気があるのかと迫りました。

美空が昏睡状態になってしまった事故の時ですら一緒にいて美空を守れなかったのに、彼氏気取りな灰原を恭平は好ましく思っていませんでした。

灰原には美空は相応しくないと力尽くで脅していく恭平。

しかし灰原は冷静に、彼女に相応しくないことはわかっていると話します。

 

今は言い争っている場合ではない。

今は美空のために時間が惜しいのだと淡々と言われてしまい調子がくるう恭平ですが、恭平も美空を助けるのが先だということには同意しました。

 

美空はすぐには殺されないだろうと考える灰原。

美空は扉の中にいるのが鬼だとわかっているため、動かずにやり過ごせるだろうと言います。

しかしそのせいで美空は動けず、自分たちが中に入れたら動いたとたん殺されてしまうだろうと考えるのでした。

さらに気がかりなことがあると言う灰原。

 

なぜ、恭平ではなくて美空がつかまってしまったのか。

本来であれば先に動いていた恭平が狙われるのに…

それに日没前に活動したということもあり、鬼は美空個人に反応したのではないかと灰原は言いました。

鬼が女性に反応するのは当たり前じゃないかとは思いながらも、この鬼には反射や本能以外のことを感じるという灰原に恭平は「要は鬼にバレずに動けばいいんだな」と扉の向こう側に行くことを提案しました。

 

天井裏の配線を管理するための点検口に目をつけていた恭平。

点検口から天井裏へ周り、扉の向こう側ヘ行く計算です。

 

運動神経の良い恭平は先に灰原が点検口の中へ入るのをサポートし、自分ではジャンプして乗り上げました。

 

傷を心配してくれた灰原。

しかし今は美空のことだけを考えろ、と点検口を伝いながら扉の向こう側へと歩いて行くのでした。

 

>>鬼獄の夜24巻ネタバレに続く


鬼獄の夜を無料で読む方法

ころ
「鬼獄の夜」最新話はマンガmeeでどこよりも早く読めます♪広告を見るとコインがもらえて、貯めれば実質無料で読める感もあるね。

マンガmeeで鬼獄の夜最新話を読む

以下に「鬼獄の夜」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。

music.jpで読む600円分のポイントがもらえ「鬼獄の夜」配信中。ポイントを使えば今すぐ無料で読むことができる。
FODプレミアムで読む無料期間中に最大900円分のポイントがもらえ「鬼獄の夜」配信中ポイントを使えば無料で読める
U-NEXTで読む600円分のポイントがもらえ「鬼獄の夜」配信中。今すぐ無料で読むことができる。
まんが王国で読む登録無料。半額クーポンが必ずもらえて「鬼獄の夜」がお得に読める。先行配信中!

動画配信サービスは無料お試しと毎月もらえるポイントで漫画がタダで読めるので、「鬼獄の夜」以外の漫画もいっぱい楽しめます。

一方でまんが王国は電子書籍のみのサービスながらも毎日最大50%のポイント還元!もちろん登録無料・ダウンロード不要なのでお得感はNo1です。

まんが王国で鬼獄の夜をお得に読む

漫画をたくさん読みたい時はぜひこれらのサービスをお試しください。


ダウンロード無料!漫画も無料で読めるおすすめアプリ


鬼獄の夜23巻感想

恭平は頼りになることもあるのですが基本的には邪魔ですよね(笑)今回ももしかしたら断っていればこんなことになってなかったのかもしれませんし…

美空の霊感はかなり強く働いていたようなので、地下にいるこの生き物が何かが気になりますね。

見た感じはミミズみたいな気持ち悪いやつでした…(漫画の方で確認してください!きもいから!)

この生き物の正体が何なのか、これが本当の鬼なのか、次回も楽しみです。

まとめ

「鬼獄の夜」23巻のネタバレについて紹介しました。

ぜひ漫画の方も読んでみてくださいね!

 

「鬼獄の夜」最新話はこちらからチェックしてください!

マンガmeeで鬼獄の夜最新話を読む

>>鬼獄の夜ネタバレと無料で読む方法まとめ


登録&ダウンロード無料!おすすめ漫画アプリ

-漫画ネタバレ
-, ,

© 2020 漫画ラテ