漫画ネタバレ

鬼獄の夜12巻ネタバレ34~36話!美空にだけ反応し、参番に気に入られる灰原

漫画「鬼獄の夜(きごくのよる)」12巻34〜36話のネタバレについて紹介します。

前話>>鬼獄の夜11巻ネタバレ

 

以下、ネタバレを含みます。

なお「鬼獄の夜」最新話はマンガmeeで読むことができます。(ダウンロード無料♪)

マンガmeeで鬼獄の夜最新話を読む

また、鬼獄の夜を無料で読む方法・最新話の読み方についてもまとめていますので併せてご覧ください。


鬼獄の夜12巻ネタバレ

  • 34話 私がその気にさせる
  • 35話 凶悪なる鬼
  • 36話 人間に適合した薬

34話 私がその気にさせる

灰原のことを、私の男だと宣言する美空。

すると壱番の女は高笑いをし、そんな理由でここから出して貰えると思っているのかと近付いてきました。

殿方は処分するだけのもので、必須ではないとします。

パートナーを易々と差し出す美空は、疑いの目を向けられてしまいました。

 

ですが美空は、勘違いしないようにと宣言します。

彼は自分の男だけども、自分は彼の女ではなく、自分の言うことを何でも聞く存在だと言い切りました。

そんな存在の彼でも、目の前で死んでしまえば夢見が悪いし、だからといって不能だと思われるのも癪に障るのだと伝えます。

すると、話を聞いていた参番が早くやってほしいと割って入ってきました。

我慢ができないらしい参番は、生殺しされている様子です。

仕方ないと感じた壱番は、再度鍵を確認してくるように指示をだしました。

参番の様子を見て、こいつにつけこもうと考える美空。

 

椅子に座ったままの灰原は頭から水かけられ、美空はその近くに寄せられます。

手枷はつけたままなのかと確認すると、口は自由だと指摘されました。

納得した様子の美空は、灰原に顔を近づけると、声を発しないで「ごめん」と口を動かしました。

 

美空はわざと女たちに見せつけるように灰原に触れていきました。

そこで灰原も反応し、それを見ていてもう我慢できないと息を荒くした参番が近付いてきました。

美空に手をかけてきた瞬間、かかった!と判断した美空は参番の腕を掴みます。

スキだらけだと言いながら、美空は手枷を使って参番の首を絞め始めます。

それを見た女たちは騒ぎ始めます。

 

美空は、今すぐに灰原の拘束を解くように指示をだしさもないとこのまま絞め殺すと脅します。

そんなこと出来る訳がないと女たちは鷹を括ります。

ですが、既に大事な人を2人失っている美空にとっては、覚悟が違いました。

殺される前に殺して何が悪いのかと言う、鬼気迫る美空の表情を見て女たちは動揺を始めます。

ひとりの女がそんな脅しに屈しないと言おうとしますが、それを壱番を制しました。

 

自分たちの命は柴様の物だとして、許しもなく死ぬことはできないと言いました。

弐番に鍵を取ってくるように指示をだします。

 

その瞬間地響きがしました。

この揺れは何かとみんなが動揺を始めます。

するとひとりの女がガタガタと震えだし、外からは鍵がかかってるはずじゃ・・・と困惑していました。

 

ずんずんと歩く音が聞こえ、ドアの向こうには鬼のシルエットが映りました。

どうして主様がここに!?と、女たちも動揺を隠せない様子です。

35話 凶悪なる鬼

どうして主様がここに!?と慌てる女達。

施錠は確認したのかと壱番は聞きますが、入口は間違いないと女は答えます。

他の部屋の話もでますが、後は廃棄室のみのようです。

 

ドアノブが揺れ始め、美空はハッとします。

瞬時に参番を離し、小声で灰原に謝りました。

そしてすぐさま、鬼から離れるように灰原を蹴り上げます。

美空の判断は正しく、鬼が蹴破ったドアはスレスレのところで回避することができました。

 

灰原は壁の方まで飛んでいき、美空はすぐさま駆けつけて灰原と共に物陰に隠れます。

鬼は一度唾をつけた獲物は逃がさないと言っていたエリカの言葉を思い出し、もしかして自分を追ってきたのではと頭を過ぎります。

 

鬼がゆっくりと入ってくると、その姿は美空を襲った鬼ではありませんでした。

ゆっくり歩く鬼に対し、女たちは動かなければ大丈夫だと思い黙っています。

すると、鬼はひとりの女の仮面を外します。

え?と反応した女は、鬼の顔を見て驚愕しました。

そしてすぐさま鬼は女の顔を地面に押し付けるように、潰しました。

女たちは、この鬼が視力をもっていることに気づきます。

 

すぐに逃げようとする女の首を掴んで止める鬼。

その光景を見ながら、美空はもっと奥に隠れるように灰原を引っ張ります。

ですが椅子に枷をつけられている灰原は、なかなか身動きができませんでした。

 

鬼は美空たちの元へ近付いてきます。

その手には、先ほどの女の首がありました。

36話 人間に適合した薬

参番は物陰に隠れて震えていました。

そして、鬼は美空たちの元へ・・・

その様子を全体的に感じていた壱番は、こんなのは伺っていないと柴への疑問を感じていました。

鬼は明らかに主様とは別の鬼であり、視力のある鬼ということに驚きを隠せません。

鬼が増えることなんてあるのかと考えていると、扉の向こうにある廃棄室の扉も空いている事に気づきました。

 

昨日の遺体には薬が適合したのだろうかと推測していきます。

再現を試みていた柴家に伝わる秘薬。

それを今まで試した者たちは、腹の中で孵化した蟲に食い殺されていったのです。

もしかして間違っていたのは薬ではなく、対象の人間では・・・?と壱番は予測します。

 

もし、薬が完璧だとしたら?と過ると、壱番は笑みがこぼれていきます。

その様子を見ていた参番は、お姉様?と声をかけます。

ほほほほほ!と高笑いした壱番は、やはり柴は偉大だと感じたようです。

だん!と地面を踏みつけると、床が開きました。

 

柴様に自分が最初に報告をしようと、床のシェルターへ壱番は飛び込んでいきます。

参番はそれに気づいて追いかけますが、間に合わずに床は閉じてしまいました。

助けて!開けて!と参番が呼びかけるものの、開くことはありません。

 

参番が騒いでいるにも関わらず、鬼は何故かそちらへは行かずに美空たちの前で留まります。

灰原が美空を呼ぶと、鬼はブルブルと震えながら苦しそうに声をあげていました。

鬼が絶叫しだし、少し暴れ始めます。

その拍子に、灰原を繋いでいた椅子は破壊され、2人は今のうちにと逃げ出します。

 

壱番に置いて行かれて絶望を感じている参番を引っ張る灰原。

貴女も早く!と連れて行こうとします。

美空はそんなヤツほっときなさいよ!と止めに入りますが自分たちには出口も分からないということもあり、灰原は見殺しにもできないと美空に伝えます。

参番はそんな灰原に感謝しました。

そうして出口を確認しながら、三人は先を進んでいきます。

 

なんとか外に出れた三人。

塚や塚や鬼踊る、夜が明くまでのこと・・・そう呟く灰原は、夜が明けたから鬼が苦しみ出したのだと推測していきました。

 

その歌を知っているのかと反応した参番。

優しいだけじゃなくて、博識なんですねと灰原を褒めました。

そして灰原の腕に抱きつくと、ますます好きになりました嬉しそうするのでした。

 

>>鬼獄の夜13巻ネタバレへ続く


鬼獄の夜を無料で読む方法

ころ
「鬼獄の夜」最新話はマンガmeeでどこよりも早く読めます♪広告を見るとコインがもらえて、貯めれば実質無料で読める感もあるね。

マンガmeeで鬼獄の夜最新話を読む

以下に「鬼獄の夜」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。

music.jpで読む600円分のポイントがもらえ「鬼獄の夜」配信中。ポイントを使えば今すぐ無料で読むことができる。
FODプレミアムで読む無料期間中に最大900円分のポイントがもらえ「鬼獄の夜」配信中ポイントを使えば無料で読める
U-NEXTで読む600円分のポイントがもらえ「鬼獄の夜」配信中。今すぐ無料で読むことができる。
まんが王国で読む登録無料。毎日最大50%ポイント還元。「鬼獄の夜」がお得に読める。先行配信中!

動画配信サービスは無料お試しと毎月もらえるポイントで漫画がタダで読めるので、「鬼獄の夜」以外の漫画もいっぱい楽しめます。

一方でまんが王国は電子書籍のみのサービスながらも毎日最大50%のポイント還元!もちろん登録無料・ダウンロード不要なのでお得感はNo1です。

まんが王国で鬼獄の夜をお得に読む

漫画をたくさん読みたい時はぜひこれらのサービスをお試しください。


ダウンロード無料!漫画も無料で読めるおすすめアプリ


鬼獄の夜12巻感想まとめ

他の女には反応しない灰原が、美空だけにはあからさまに反応を示すなんて何だか愛を感じます。

そして突如現れた鬼は、廃棄室ということを考えると黄瀬君なのでしょうか?

もしかして鬼に適合してしまったのか、生きているのか死んでいるのか判断がしずらい展開になってきましたね。

なんとか逃げ切れた灰原と美空でしたが、参番を本当に信用していいのか怪しい状況です。

 

「鬼獄の夜」12巻のネタバレについて紹介しました。

ぜひ漫画の方も読んでみてくださいね!

 

「鬼獄の夜」最新話はこちらからチェックしてください!

マンガmeeで鬼獄の夜最新話を読む

>>鬼獄の夜ネタバレと無料で読む方法まとめ

>>鬼獄の夜最新話ネタバレ


登録&ダウンロード無料!おすすめ漫画アプリ

-漫画ネタバレ
-, ,

© 2020 漫画ラテ