漫画ネタバレ

今、きみを救いたい23話ネタバレ!強くなりたい!青矢の提案を断った白帆

漫画「今、きみを救いたい23話ネタバレを紹介します。

 

前話>>今、きみを救いたい22話ネタバレはこちら

以下、今、きみを救いたい23話のネタバレを含みます。

 

また「今、きみを救いたい」は無料で読めます。

U-NEXTで今、きみを救いたいを無料で読む

600円分の漫画が無料!今すぐ読める!

漫画のネタバレだけでなく絵も楽しみたい!もっと漫画を無料で読みたいという場合は「今、きみを救いたい」を無料で読む方法もご覧ください。

今、きみを救いたい23話ネタバレ

一緒に暮らそうと言ったのに、今は出来ないと言われてしまった青矢は傷付きます。

どうしてできないのかと聞きました。

 

聞かれた白帆は、透のことは言わず、ホテルの仕事が大変だからだと説明することにしました。

 

すると透は、潮と何かあるのではないかと勘違いします。

自分よりも潮を選ぶのかと言い出しました。

 

潮との事を勘違いされた白帆は、青矢にどうして心療内科医のくせに人の気持ちが分からないのかと怒ります。

 

怒りだした白帆に、青矢は医者はエスパーではないのだからわかるわけがないと言ってやりました。

青矢は白帆が本心を隠している限り、自分にしてやれることはないと言います。

 

本心を隠していると言われた白帆は、透との離婚も済んでいない状況で青矢と一緒になったら、依存先が透から青矢に代わるだけで自分は何も変わらない気がして怖いと思っていることを打ち明けることにしました。

白帆は強くなりたいのだと言います。

 

白帆の話を聞いた青矢は、自分がいると強くなれないという事かと感じてしまいました。

白帆は違うと言いますが、青矢は白帆の気持ちを理解することができません。

 

青矢はしばらく距離を置いた方がいいと言い、店を出て行ってしまいました。

 

残された白帆は、自分を思ってくれ一緒に住む案を出してくれた青矢に申し訳なく思います。

 

ですが今白帆がしたいのは、もっと強い人間になることです。

白帆は強くなり青矢に相応しい人間になるまで待っていてほしいと思っているのでした。

 

その頃紅美は小桜里とお菓子を作っていました。

紅美は昨日暗としたことが忘れられずぼーっとしてしまい、小桜里の話もちゃんと聞いていません。

 

青矢だけを思って生きていくはずだったのに、他の男性を思っている自分に紅美は戸惑いました。

暗とは恋でも愛でもなく、同じ傷を持つ暗を癒してやっただけだと思おうとします。

 

紅美は自分は母なのだから小桜里のためにもしっかりしなくてはと思いました。

 

お菓子を作っていると、政一がやってきます。

政一は紅美の夜の外出が多いことを心配しており、なるべく小桜里といてやってほしいと言います。

そして紅美自身のことも心配しているため、何かあれば力になると言いました。

 

そう言ってくれる政一に、紅美は大丈夫だと答えます。

そして大丈夫だと答えながら、紅美は暗からのメールを見るのでした。

 

暗に会いたいと言われた紅美は会うことにしました。

待ち合わせをしている場所の側から、紅美はこっそり暗を見続けます。

 

待ち合わせから30分も経っているのに、暗は待ち続けていました。

暗ならずっと待ち続けそうだと思った紅美は、暗に話かけることに決めます。

 

暗は紅美がこっそり見ていたことにも気付いていました。

気付かれていた紅美は恥ずかしくなり、連絡してこないよう忠告しに来ただけだと言います。

紅美は先日優しくしたのは、弟っぽく感じたからだと優しくした理由を誤魔化そうとします。

 

誤魔化そうとしていることに暗は気付いていました。

紅美は自分を男として愛して意識しているはずだと言ってやります。

暗は誤魔化していることを認めようとしない紅美にキスをしてやるのでした。

 

その頃、透は上司に呼び出されていました。

透は、以前打診されていた中東への赴任の話を持ちかけられます。

 

任せたいと言われた透は喜ぶのでした。

 

白帆はというと、青矢と距離を置くことになり落ち込んでいました。

しかし、透のことも放ってはおけません。

裁判を起こせば離婚は勝ち取れるとわかっているものの、変わろうとしている透を放り出すこともできません。

 

悩んでいると、ホテルに女性の外人の客がやってきました。

その女性は、以前潮がイタリアでお世話になっていたオーナーの娘のアリーチェでした。

アリーチェは潮に会いに来たのだと言います。

 

店と自分の為にもイタリアに戻ってきて欲しいとアリーチェは潮に言います。

しかし潮はアリーチェの気持ちには答えられません。

イタリアに行くときは白帆も連れていくと言います。

 

2人はイタリア語で話をしているため、白帆には何を話しているかわからないのでした。

 

アリーチェは潮にフラれて泣いてしまいます。

白帆は話している内容はわからなかったものの、きっとアリーチェは潮が好きなのだろうと感じました。

 

そしてアリーチェを部屋に案内し仕事をしていると、郵便物の中に透から自分に宛てた封筒が入っていることに気付きます。

中には離婚届が入っていました。

白帆は透からのそれを見て驚きます。

 

白帆は何も聞かず受け取ることは出来ないと思い、透に会いに行くことにしました。

白帆は透とホテルのロビーで待ち合わせするのでした。

 

透に会いに行った白帆は、本当に離婚していいのかと聞きます。

聞かれた透は、中東に赴任することが決まったため、白帆とけじめをつけて仕事に打ち込みたいと思っていることを話してくれました。

 

そして離婚するにあたり、一つだけお願いがあると言い出します。

それは一晩、一緒に過ごすことなのでした。

 

>>今、きみを救いたい24話ネタバレに続く


今、きみを救いたいを無料で読む方法

ころ
「今、きみを救いたい」は動画配信サービスを利用するとお得に読むことができます。登録時もらえるポイントを使って、好きな漫画をタダで読めるのです♪

以下に「今、きみを救いたい」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。

U-NEXTで読む無料トライアル登録時に600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。ポイントを使えば「今、きみを救いたい」を今すぐ無料で読むことができる。
music.jpで読む30日お試し無料登録時に600円分のポイントがもらえる。ポイントを使えば「今、きみを救いたい」が今すぐ無料で読むことができる。
FODプレミアムで読む無料期間中にポイントがもらえる。ポイントを使えば「今、きみを救いたい」が無料で楽しめる
まんが王国で読む会員登録無料。半額クーポンがもらえなくもらえて「今、きみを救いたい」がお得に読める。じっくり試し読み3000作品以上。
Bookliveで読む会員登録無料。Tポイントが使える&貯まる。50%クーポンがもらえるため「今、きみを救いたい」がお得に読める。

無料で読むならおすすめなのはU-NEXTです。

お試し登録で600円分のポイントがもらえるため、すぐに「今、きみを救いたい」分冊版が無料で読めます。

無料期間中に解約をすれば月額の料金も必要なし!

継続で1200円分のポイント&最大40%のポイントバックがあるから継続利用もおすすめです♪

U-NEXTで今、きみを救いたいを無料で読む

600円分の漫画が無料!今すぐ読める!

ファミリーアカウントを利用すれば1人あたり500円で漫画が楽しめるよ
coco

今、きみを救いたい23話感想とまとめ

白帆は透のことが心配で、まだ青矢と一緒に離れないと断ってしまいます。

白帆の透とけじめをつけて、自分も強くなってからがいいと気持ちもわからなくありませんが、青矢は振り回されている感があってちょっと可哀想でしたね。

 

しかし、透は離婚すると言ってくれました。

透は中東に行くことが決まった透は、すっきりした顔をしていますね。

 

もし離婚が成立すれば白帆は自由です。

これで白帆は青矢と一緒に暮らしても問題ないはずですが、どうするでしょうか?

 

今、きみを救いたい23話のネタバレについて紹介しました。

ネタバレだけでなく絵の方もぜひお楽しみください。

今、きみを救いたいを無料で読む

600円分の漫画が無料!今すぐ読める!

>>今、きみを救いたいネタバレまとめ



漫画を楽しむためのおすすめサービス♪

もっと漫画を無料で&お得に楽しみたい!そんなあなたにおすすめするサービスはこちらです!

まんが王国 ・登録無料!毎日お得に漫画が読める!
・無料のじっくり試し読みは新作から名作まで3000作品以上配信!
・オトナ向け漫画も充実♡読むほどお得
・毎日最大50%還元!
U-NEXT blank・無料トライアル登録で600円分の漫画をタダ読み!
・継続利用でもらえるポイント2倍
・最大40%のポイント還元。お得に漫画が読める!
マンガmee blank・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・恋愛少女マンガ名作から限定作品まで大量配信。
ガンガンONLINE blank・ダウンロード無料!スクエニ公式漫画アプリ!
・オリジナル作品が豊富♡他にないジャンルが多い
・お気に入りのマンガをすぐに読める
FODプレミアム blank・無料期間中にポイント付与!有料作品楽しめる!
・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!
・最新雑誌も読み放題

-漫画ネタバレ
-

© 2021 漫画ラテ