漫画のネタバレや最新刊・最新話を無料で読む方法を紹介。電子書籍・コミックのサイトやサービス、アプリのおすすめも。

漫画ラテ

漫画ネタバレ

ちはやふる|ネタバレ感想207首!自分の役割に悩む奏と太一の千早への気持ち

投稿日:

末次由紀先生の漫画「ちはやふる」第207首のネタバレと感想を紹介します。

ただ過ぎに過ぐるもの 帆 かけたる舟 人の齢

春 夏 秋 冬

第207首はコミックス40巻に収録されます。

名人位決定戦は新が勝利。

千早と志暢は来年のクイーン戦を五番勝負にしてほしいと会議で意見しますが…


ちはやふる第207首ネタバレ

先日の挑戦者決定戦を見て、もっと大会に出てほしい、もっと着物を着て欲しいと思い、男女混合で大会を主催したいと考える奏の母。

 

呉服は持っているだけじゃどうにもならないわ

売るだけじゃなくて着物を楽しむ方法もどんどん提供していかないと

呉服の市場規模の減少傾向は止まらない─

 

奏の母親はウェブサイトを作ったり、着物が楽しめるようなイベントを考えたりと、呉服市場をなんとか盛り上げようとしています。

それを見た奏は、後継として自分に何ができるかを考え始めるのでした。

 

一方、学校では千早の祝勝会と太一の残念会をしようという提案が。

奏はもちろん賛成ですが、千早は自分の祝勝会はクイーンになってからでいいと言います。

とはいえ、受験勉強で時間もない奏や千早たち。

 

とにかく時間のない私たちにできる癒しはたったひとつ

布団なんじゃないでしょうか

 

と布団を太一に貸すことを提案します。

 

図書室にて、太一が勉強中に千早がジェスチャーで何時頃に帰るか聞きます。

太一は食事してから予備校に行くから6時過ぎぐらいとの返事。

それだけ聞いた千早は、奏たちのもとへダッシュ!

 

祖母の古希祝いのために用意していた超高級布団を太一に体感してもらいたい!という奏の発想。

高級布団を電車で太一の家まで運びます。

その間、千早に自分の役割を聞いてみる奏。

 

千早ちゃんは自分の役割ってなんだと思いますか?

大学で古典を学びたいって思ってきたけど研究者になりたいわけじゃないし

きっと呉服店を継ぐし

 

本当は古典を学びたい、でも呉服店を継ぐのなら経営や経済学を学ぶべきなのではないかと悩んでいた奏。

 

呉服を守るのが私の役割なんだとしたら私が学ぶべきは本当はなんなんだろうって…

 

太一が帰宅する前に、千早や奏たちは布団を持って太一の家に到着。

太一の部屋に勝手に入って布団を取り替え始めます。

しかしその最中に太一が帰ってきてしまい、部屋に入ってきます。

 

とっさに隠れる千早たち。

太一の部屋には隠れた千早たちと梨華がいました。

 

自分のパンツが間違って太一の部屋にないかとその場をしのぐ梨華。

布団の中に隠れていた千早たちですが、その時千早に電話がかかってきてしまい、千早が電話に出ることから太一にバレてしまいます。

太一に布団をバッと持ち上げられてしまった千早たち。

そこに太一の母も現れて凍りついた空気に…。

結局、太一の母は全員におにぎりの差し入れを作ってくれました。

 

帰り道。

太一は奏に話しかけます。

 

太一は挑戦者決定戦の時に奏が新の袴を直してくれたことに礼をいいました。

太一は新の袴が緩んでしまった時、自分に有利になるし巻き返せると思っていました。でもその時に奏が目に入ったというのです。

 

おれの友達すごいんだぜって

袴すぐ直せんだぜって

自慢したいみたいな

そんな気持ちでさ

 

新の袴が乱れた状態で勝負していたらまだ違ったかもしれない、でもそれ以前に奏のことをみんなに知ってもらいたいと思った太一。

それを聞いた奏は、目に涙を浮かべながら何かを決心します。

 

太一の部屋で隠れていた時に千早にかかってきた電話は渡会さんからのかるたの練習の誘いでした。

受験勉強で周りは忙しい中、千早は練習をすることにします。

 

そんな千早の姿を見ていた奏。

 

千早ちゃん見てたら私も泣いてもかまわないと思える 強い涙なら

 

奏は太一に、まだ千早のことを好きか聞きますが、太一はもうよくわからんと答えます。

 

でも だんだん薄れていくんじゃないかって思うよ

 

そう言いながら太一は千早を見つめていました。

 

 

”ただ過ぎに過ぐるもの 帆 かけたる舟

人の齢 春 夏 秋 冬”

あっという間に過ぎ去っていってしまう、帆をかけた舟や人の年齢、季節。

 

走って帰る千早を見て、自分も舟に帆をかけ走り出そうと決意した奏。

帰宅して開いた赤本は、応桜義塾大学・文学部ではなく経済学部のもの。

 

そして就寝時にやっと高級布団に気が付いた太一でした。


ちはやふる第207首感想

今回は奏メインのお話になっていました。

 

また、ところどころ受験勉強しながらかるたのために体を鍛える千早が盛り込まれていましたね。

  • 単語覚えながらアキレス腱伸ばしながらサンドイッチ食べる
  • 腹筋しながら日本史の用語集をアプリで見る
  • 爪先立ちで歩きながら生物の練習問題解きながらおにぎりを食べる

そして受験勉強はあるものの、渡会さんとのかるたの練習。

どんなに時間がない時でもかるた一直線な千早。

一歩ごとに屈伸しながら頭の中で新聞社説の要約したりとかなり高度なことをしていました。

 

受験が終われば卒業、となると太一と千早も今後どんな形で進展するかが楽しみですね。

ちはやふる最新話を無料で読む方法

ちはやふるはコミック誌「BE・LOVE」で連載中です。

そのため「BE・LOVE」を無料で読めれば最新話も併せて読むことができますよ。

電子書籍サービスでもコミック誌の配信は多いのですが、結局は購入しないと読めないことが多いです。

そこでおすすめなのが動画配信サービスを利用するという方法。

動画配信サービスでもFODやU-NEXTのように無料お試し期間が設けられていてポイントももらえるというサービスは多いのですが、ポイントを使って漫画を購入することもできます。

「BE・LOVE」も配信されているので、最新話が気になったら動画配信サービスを利用してチェックしてみてはいかがでしょうか。

無料で読めて他の作品も読めますよ♪

個人的には、本屋さんへ買いに行くよりも早く最新話が読めるところが気に入っています。

まとめ

ちはやふる第207首のネタバレと感想を紹介しました。

 

いよいよ40巻の発売が近づいてきましたが、表紙も気になるところですよね。

40巻は204〜208首が収録されるかと思います。40巻のネタバレが気になったら、ぜひ過去回も読んでみてくださいね。

あなたの感想もぜひコメント欄にお願いいたします!

また、あなたのオススメ漫画や「このマンガのネタバレが知りたい!」という作品がありましたらリクエストをどうぞ♪

-漫画ネタバレ

Copyright© 漫画ラテ , 2019 All Rights Reserved.