漫画のネタバレや最新刊・最新話を無料で読む方法を紹介。電子書籍・コミックのサイトやサービス、アプリのおすすめも。

漫画ラテ

最新話更新!

ただ離婚してないだけ」、「痩せ女〜幸せのサプリメント〜」ネタバレ更新はじめました。

漫画ネタバレ

ブギーポップは笑わないVSイマジネーター|5話「日常の終わり」ネタバレ感想

投稿日:

月刊コミック電撃大王に連載中の「ブギーポップは笑わない VSイマジネーター」5話ネタバレと感想について紹介します。

 

以下、ネタバレ内容を含みます。

好きな漫画をもっと楽しみたい!という場合は、漫画の最新話や最新刊を無料で読む方法もあるのでよろしければ見てみてください。

おすすめ!
no image
漫画の最新刊や最新話を無料で読む方法|おすすめサービス・まとめ

単行本の発売を待つのも楽しいですが、どうしても待ちきれない!最新刊が読みたい!最新話が気になる!なんてことはありませんか? 電子書籍サービスやアプリでは、漫画の1巻から数巻が無料で読み放題になっていた ...

今回は「ブギーポップは笑わない VSイマジネーター」を無料で読む方法についても調べてみました。


ブギーポップは笑わないVSイマジネーター5話ネタバレ

前回、飛鳥井仁と名乗る人物によってスプーキー・Eの洗脳が解けた安能。

ブギーポップと呼ばれる死神とスプーキー・Eとの戦いに巻き込まれるも、ブギーポップにより何とか一命を取り留める。

そして逃げたスプーキー・Eが電話で街のどこかに潜んでいるブギーポップの居場所を突き止めるように指令をだしたのは、”カミール”と呼ばれた織機綾だった。

 

正樹は綾から電話で深陽学園に入学が決まったことを告げられた。

それに喜んだ正樹はお祝いしなくちゃと話し、一時間後にいつもの公園で待ち合わせすることになった。電話を切った綾の頬がかすかに柔らかく上がる。

 

一人、公園のベンチに座る綾は、深陽学園への進学はスプーキー・Eからの指示で何の感想も無いが、正樹が喜んでくれたことだけが本当に嬉しいと感じていた。

 

”こんな感情が生まれるなんて不思議だけど、こうやって正樹を待っていると自分が普通の幸せな女の子になれる―――”

 

”そんな気さえしてくる・・・”

 

座る足元に人影を見て、正樹だと思って顔を上げた先にはスプーキー・Eが立っていた。

 

「カミール、貴様何をしている」

 

綾のことを”カミール”と呼ぶスプーキー・Eに向かって、綾は目的行動中ではありませんと俯いて答えた。

スプーキー・Eはそれで男と密会している件について、いいご身分だと綾に吐き捨てた。

 

先の戦闘で右耳を撥ねられたスプーキー・Eは傷をかき、綾に顔を上げろと命令した。顔を上げた綾に、更に質問をする。

 

「その男とはもうしているのか?」

 

聞かれた綾は意味を把握し、否定した。それにスプーキー・Eはこれまでのようにヤらせてしまえといった。

勿体つけられる立場では無いといわれた綾は素直に返事をした。そしてブギーポップの任務について問われた綾は、それもまだできていないと返事をすると、横っ腹にスプーキー・Eの蹴りが入り、地面に倒れた。

 

「任務を果たせなければお前など出来損ないの処分品にすぎない!」

 

「統和機構となによりこの俺様の役に立たなければすぐにでも処理するぞ!」

 

「代わりはいくらでもいるんだからな!」

 

そして髪を掴んで綾を立たせ、ブギーポップについて調べることが仕事であって男と遊び歩くことでは無いといい、綾の返事を聞いて綾の髪を離した。

 

すると後ろから呼びかけられてスプーキー・Eが振り向くと、公園に到着した正樹が駆け寄ってきていた。

それを見た綾は上半身を起こして逃げてと叫ぶが、構わず突進してくる正樹に好戦的なスプーキー・Eは受けてたった。

 

真正面から正拳突きを繰り出す正樹をスプーキー・Eは難なく避ける。

当てる対象を失った正樹に向かって今度はスプーキー・Eが掌底でフックを繰り出すが、正樹が身を屈めたことで回避される。

回避されたことに顔を歪めるスプーキー・E。そして下腹部が出っ張っている体系のスプーキー・Eがすばやく動けることに驚く正樹。

 

”たぶん僕の倒せる相手じゃない・・・!”

 

瞬時に察する正樹。顎に手を添えてなにやら考えているスプーキー・Eの足元で、逃げてと懇願する綾を見て、正樹は腹を据えて立ち向かっていく。

 

”それでも、どんな手段を使っても織機を助ける!!”

 

そう誓って突っ込んだ正樹は対男に圧倒的に効果的な金的を食らわせるが、感触が無いことに驚いていると、スプーキー・Eに頭を両手で鷲づかみされる。

 

「残念だったな」

 

そういったスプーキー・Eは正樹の頭に電撃を食らわせ、正樹は一瞬で意識を失ってしまった。

 

意識を失った正樹は遠くで声を聞く。

 

「こいつは我が統和機構の敵たるMPLSなのか?手加減したとはいえ俺様の攻撃をかわしたぞ」

 

「そんなことはありませんスプーキー・E!正樹は単なる普通の人間です・・・!」

 

見逃してほしいと懇願する声に、「おまえがやってきたことを知ったら絶対心変わりするぞ」と返され、それでも食い下がる声に条件付で生かすといわれ、その言葉に感謝する声が聞こえたところで正樹は目を醒ました。

 

目を醒ました正樹は綾に膝枕をしてベンチで寝ていることに気付き、慌てて座りなおした。

そして寝ていたことに疑問を話すと、綾は日射病か何かだろうと返す。この時期に日射病かと疑っていると、綾は突然謝り出す。それに正樹は否定して謝る。

 

正樹は気を取り直してお祝い使用と話して何かしてほしいことはあるかと聞くと、綾は無言で立ち上がって正樹に背を向ける。

 

「ど・・・どうかしたの?」

 

そう聞かれた綾は、心の中でスプーキー・Eに言われた言葉を思い出していた。

 

”条件付きで生かしておいてやる”

 

綾は正樹と始めてあったときのことを、綾自信が出なくとも切り抜けられたのでは無いかと問い、その正樹の強さを見越して正樹に頼みごとを話す。

 

「正樹はブギーポップって知ってる?」

 

帰国子女であった正樹はブギーポップのことを知らないため、綾が説明を始める。

 

ブギーポップとは、正体不明の謎の死神であること。

街に住んでいる女の子なら誰でも知っていること。会談話しに出てくる少年であること。そして、人が生涯で一番美しいときにそれ以上醜くならないように殺すと話す。

そして、綾は死神や殺し屋といわれているが、実際は荒事で人助けをしているのだと話す。

 

「それでね、あなたなら強いし、背は少し高いかもしれないけどたいした違いじゃない」

 

そう話す綾に戸惑う正樹に向かって、綾は更に続けた。

 

「あなたブギーポップになってみない?」

 

そうして正樹は綾の提案で、ブギーポップをすることとなったのだった。


ブギーポップは笑わない VSイマジネーターを無料で読む方法

「ブギーポップは笑わないVSイマジネーター」は無料で読むことってできないのかな?
coco
ころ
ブギーポップシリーズのコミカライズ版という位置付けだから、原作を読むのもおすすめだけど…漫画を読む場合はどうしたら無料で読めるか調べてみたよ。

「ブギーポップは笑わないVSイマジネーター」は単行本の発売が12月28日。

そのため現在連載されている月刊コミック電撃大王であれば、初月無料で読む方法があります。

それは、マガジンウォーカーを利用するという方法です。

 

マガジン☆WALKER(マガジンウォーカー)はコミック誌だけでも40誌、一般誌は35誌読み放題になる定額制の雑誌読み放題サービスです。

月額料金が500円かかりますが、初月は無料!

ころ
普通にコミック誌を数冊買うよりは断然お得な上、登録初月は0円で雑誌が読み放題になるよ♪

漫画の最新話を無料orお得に読むならオススメです。

▼初月は無料!登録はこちらから▼

 

また、コミカライズ版の原作となっている「ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター」であれば、コミックシーモアの応援キャンペーンを利用してお得に読む方法があります。

ころ
コミックシーモアは会員登録すると半額クーポンがもらえるのと、初回購入作品が1冊分全額ポイントで返ってくるキャンペーンをやってるよ。

普通に電子書籍を買うよりはお得だね。

コミックシーモアは会員登録は無料なので、こちらも是非利用してみてください。

▼無料会員登録で半額クーポン+全額お返し▼

ブギーポップは笑わない VSイマジネーター5話感想

今回は綾の正体が少しわかりました。統和機構、MPLSと興味深い単語や、ブギーポップの噂。

綾に会った当初は綾に助けられていた正樹ですが、今回のスプーキー・Eとの戦闘では並外れた身体能力を見せてくれました。

統和機構とは?MPLSとは?そして彼らの目的とは?

まとめ

「ブギーポップは笑わない VSイマジネーター」5話ネタバレについて紹介しました。

最新話はマガジンウォーカーで読むことができます。

マガジンウォーカーでは月額500円で80誌以上の雑誌が読み放題になるので毎月雑誌を複数購入されているのであれば断然お得ですよ♪

ぜひ、漫画の絵の方もお楽しみください。

あなたの感想もぜひコメント欄にお願いいたします!

また、あなたのオススメ漫画や「このマンガのネタバレが知りたい!」という作品がありましたらリクエストをどうぞ♪

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ラテ , 2019 All Rights Reserved.