漫画のネタバレや最新刊・最新話を無料で読む方法を紹介。電子書籍・コミックのサイトやサービス、アプリのおすすめも。

漫画ラテ

漫画ネタバレ

僕は叶わぬ恋をする|ネタバレ最新18話「ジンクス」感想と無料で読む方法も

投稿日:

漫画アクションで連載中、 岡野く仔先生の漫画「僕は叶わぬ恋をする」。

今回は18話のネタバレを紹介します。

>>前話「僕は叶わぬ恋をする」17話ネタバレはこちら

 

以下、ネタバレ内容を含みます。

今すぐ「僕は叶わぬ恋をする」を無料で読みたい場合はmusic.jpを利用するのがオススメです。

「僕は叶わぬ恋をする」を無料で読む

↑30日間無料&961円分のポイントで好きな漫画が読める!

この記事では「僕は叶わぬ恋をするを無料で読む方法」について調べているので、併せてチェックしてみてくださいね。


僕は叶わぬ恋をする18話ネタバレ

前回、竹流にシスコンがバレた朋。

姉が好きであることはそんなに変なことかと竹流に聞くも、竹流は嫌な顔もせずに姉が好きであるということを肯定した。

それから朋は自身の中で渦巻く負の感情を打ち明けるも、竹流は好きだからこそ抱く感情で単純にヤキモチを妬いているだけだと言った。

家に返った朋は今まで怖くて検索できなかった姉が好きである事を悩む投稿を検索する。思ったよりも多くて驚く一方で、朋は昌へ気持ちを伝えたいと強く願うようになっていった。

 

朋と竹流の居る教室で、女子たちがワイワイ騒ぎ始める。

 

「わー、もう1年でもあのジンクスするやつ出てきたかー」

 

朋が竹流に詳細を聞くと、”ネクタイ交換のジンクス”というのを教えてもらえた。

 

「まぁよくあるジンクスなんだけど、”好きな人のネクタイと自分のネクタイを交換するとずっと一緒にいられる”って奴」

「ホラ、ウチの制服男女同じネクタイじゃん?交換してもわかんないから拘束にもふれないし、けっこー昔から続いてるみたい」

 

朋が”ずっと一緒”というワードをオウム返しで呟くと、竹流は朋が昌を思い浮かべていただろうと茶々を入れた。

 

「まー、朋のシスコンは置いといて―、雫石ちゃんとはどうなの?実際の所」

 

双葉の事を聞かれた朋はスッパリと「ないよ」と答えた。

朋は大切には思っているが、幼馴染以外の何者でも無いと言うと竹流は本当なのかと立ち上がって訊き返した。しかし、すぐに着席していつもの調子で聞き返す。

 

「・・・竹流・・・、双葉の事好きなの?」

 

朋に言い当てられた竹流はどんどん顔が真っ赤になっていった。

竹流は確認のためにもう一度双葉とは幼馴染の関係なのかと聞き返す。更には双葉に彼氏は居ないか確認する。

 

一旦竹流がクールダウンしていると、朋が確認を取る。

 

「まーーー・・・昔から双葉モテるし、珍しくもないけど・・・。顔とかヒエラルキー上位だとかが理由だったら・・・僕でも怒るから」

 

そういわれた竹流は双葉に惚れた経緯を話し始めた。

 

「おい!そこの男子!」

 

ジャージを来た教師・湯田に呼び止められた竹流は髪型を注意された。

しかし、校則違反では無いために抗議をするが聞く耳を持たない。竹流が注意されている後ろで、上級生らしき女生徒がヒソヒソとまた難癖付けていると話していた。

 

「どーせまたPTAとでも揉めたんでしょ」

「ストレス発散で生徒に当たんなよなー」

 

漏れ聞こえた話を聞いた竹流は面倒なやつに目を付けられたとげんなりして抗議をしていると、突然後ろから声がかけられた。

 

「まーそんな怒んないで下さいよセンセ」

「いーじゃないですかツーブロくらい」

 

そこに現れたのが双葉だった。

湯田は今度は双葉の髪型にいちゃもんをつけ始める。毛先に癖のついた髪型を天パだと言う双葉に、毛先だけ癖がつくはずがないと言う湯田。

そういわれた双葉はストレートパーマをかけようかと持ちかけるも、湯田はパーマは禁止だと頑として譲らない。

 

指導室に連れて行かれる双葉を見送る竹流。双葉は去り際にツーブロックは似合うから直すなと言って去っていった。

 

話し終えた竹流はその後、朋の髪型にいちゃもんを付けた事を許さないと言っていて朋一筋で落胆したのだった。

 

「でも、あのホントに僕らなんにも無いから。いや・・・確かにちょっとあったけど決着付いてるから」

 

しどろもどろに話す朋に、竹流は双葉のネクタイを狙っていいかと聞いた。

何かを話そうとしてまごまごするも、朋は頭を下げて言った。

 

「ウチの幼馴染、気ぃ強いけどいい奴だからよろしくね」

 

竹流は笑いながら、まだ気が早いと朋をはたいた。

その後図書委員として図書室に居る共に、良平がネクタイが緩んでいると注意した。

 

「気ぃつけろよー。ウチにはすーぐイチャモンつけてくる教師いっから」

 

湯田のことかと考えた後、朋は良平にネクタイのジンクスについて訊いた。良平は3年なので勿論知っていると言った。

 

「何、朋交換したい相手いんの?」

 

突然良平に振られて驚きつつも、顔を真っ赤にしながら肯定する。

良平にからかわれた朋は、良平には居ないのかと聞くと良平は朋には言えないと言った。

 

”僕に”は”?”

 

「も、もしかしてお、お姉ちゃんだったり・・・してー・・・なんて・・・」

 

恐る恐る訊く朋。しかし、良平は顔を真っ赤にして目を見開いて朋を見ていた。

良平は慌てて断じて違うと誤魔化す。丁度予鈴もなって教室へと戻ろうと促した。

 

「今の、昌には絶対言うなよ」

 

真っ赤になった顔をそらしながら良平は言った。

 

帰りの電車で朋は双葉と共に帰っていた。双葉は「久しぶり」と朋に話しかける。朋はカバンに顔を押し付けながら答える。

双葉から竹流と仲が良いといわれると、朋は竹流をいい奴だといった。

竹流が双葉のことが好きだろうと双葉本人から聞かれると、「うわー竹流ーバレてるよ―」と他人事のように喋った。

 

「・・・・・・双葉」

「お姉ちゃんが離れていっちゃうよ」

 

双葉が聞き返す。

 

「お姉ちゃん、好きな人と両想い・・・みだいで・・・」

「どうじよぉ・・・。取られちゃうっ。まざか軽米センパイもなんて・・・っ」

 

嗚咽を漏らしながら話す朋。

昌を取られたくないと駄々をこねる朋に、一瞬頭に手が伸びる双葉。しかし、手を引っ込めて話し始める。

 

「朋、私田野畑くんと付き合おっかな」

「私はもう朋が振られてもチャンスなんて思わない。だから朋も私の前で泣いても慰めるなんて期待しないで」

「お互い独り立ちしよう」

「お互い狭い世界から出よう。だから朋、自分の気持に決着つけな」


僕は叶わぬ恋をするを無料で読む方法

ころ
「僕は叶わぬ恋をする」今回もよかったね〜!
実は過去の回ちゃんと読んだことなくて…今から読むことってできないかなぁ?
coco

「僕は叶わぬ恋をする」を無料で読むなら、動画配信サービスの利用がおすすめです

ころ
配信されている巻はもちろん、最新話は「漫画アクション」を購入することで無料で読むことができるよ!
FODプレミアム music.jp U-NEXT
1ヶ月無料 30日間無料 31日間無料
最大1300円分 961円分 600円分
20%還元 10%還元 還元なし

動画配信サービスには無料お試し期間があり、ポイントももらえます。

ポイントを使って電子書籍を購入することができるので、お金をかけずに漫画も読めてしまうんです。

ただし、紙と同時の発売・配信というわけではないから、そこはチェックしておこう!
coco

また、U-NEXTでは漫画アクションは配信されていても「僕は叶わぬ恋をする」自体が配信されていません。サービスによって配信されていない作品もあるので、お試し前に確認することをおすすめします。

漫画を無料で読む方法についてはこちらの記事もご覧ください。

おすすめ!
no image
漫画の最新刊や最新話を無料で読む方法|おすすめサービス・まとめ

単行本の発売を待つのも楽しいですが、どうしても待ちきれない!最新刊が読みたい!最新話が気になる!なんてことはありませんか? 電子書籍サービスやアプリでは、漫画の1巻から数巻が無料で読み放題になっていた ...

僕は叶わぬ恋をする18話感想

朋と竹流の通う学校に伝わるジンクス。それを巡って良平が昌が好きであるとわかってしましました。更には竹流が双葉のことが好きなことも判明。

前回から一気に展開が進みました。シスコンであることを竹流に公表。意を決して姉が好きである悩みを検索し、自分以外にもいっぱいいる事に気付く朋。

昌が好きな良平も昌が好きで両想いであることがわかり落胆する朋。それを双葉に愚痴るも、朋を諦めた双葉は前に進もうと朋の甘えには応えずに突き放しました。

さてこれからどうなるのでしょうか?朋は昌に思いを伝えるのでしょうか?

まとめ

「僕は叶わぬ恋をする」18話のネタバレについて紹介しました。

「僕は叶わぬ恋をする」単行本2巻も発売されました♪続きが気になる場合はぜひ漫画アクションをチェックしてみてくださいね。

 

漫画は絵も一緒に読んで楽しさも倍増します!ネタバレだけでなく、ぜひ漫画の方もお楽しみください!

あなたの感想もぜひコメント欄にお願いいたします!

また、あなたのオススメ漫画や「このマンガのネタバレが知りたい!」という作品がありましたらリクエストをどうぞ♪

-漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画ラテ , 2019 All Rights Reserved.